韓国旅行「コネスト」 消費も回復するか…消費心理、6年来の最高水準に=韓国。韓国の経済ニュース
KONEST

消費も回復するか…消費心理、6年来の最高水準に=韓国

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
消費者心理指数が6年5カ月来の最高水準を記録し内需回復に対する期待感が高まっている。新政権発足後の景気浮揚と雇用政策に対する期待感が反映されたと見られる。

韓国銀行が27日に発表した「2017年6月の消費者動向調査結果」によると今月の消費者心理指数(CSI)は前月より3.1ポイント上がった111.1を記録した。2011年1月の111.4以降で最も高い数値だ。消費者心理指数は5カ月連続で上昇し、4月から3カ月連続で100を上回った。消費者心理指数は基準線(2003~2016年長期平均値)の100より大きければ消費心理が楽観的、100より小さければ悲観的であることを意味する。

消費者心理指数は一般的に新政権が発足すれば上昇する傾向がある。景気浮揚策に対する期待感から景気見通しが明るくなるためだ。今月現在の景気判断CSIは前月より11ポイント上がった93を記録し2010年12月の95以降で最高を記録した。6カ月後の見通しを示す今後の景気見通しCSIも1ポイント上昇した112で、2010年1月の116以降で最高だった。

韓国政府が雇用創出を国政の最優先課題としたことで就業に対する期待感も大きくなった。就業機会見通しCSIは前月より8ポイント上昇し過去最高の121を記録した。現在より6カ月後に就業機会がどれだけ増えるのかを示す就業機会見通しCSIは2011年2月以降100未満にとどまっていたが5月に113と大きく上昇した後、6月も上昇傾向を継続した。

賃金水準見通しCSIは122でやはり前月より2ポイント上がり調査開始以降で最高値を更新した。住宅価格見通しCSIは前月より7ポイント上がった116で、1年後に住宅価格が現在より上がるだろうという見通しが多かった。ただ今回の調査は6月13~20日に実施され、19日発表の政府の不動産対策は一部だけ反映された。

今後1年間の消費者物価上昇率見通しを示す期待インフレ率は2.6%で0.1ポイント上昇した。消費者物価上昇に影響を及ぼす品目では農畜水産物(48.8%)、公共料金(41.7%)、工業製品(38.8%)が挙げられた。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2017年06月27日 13:17
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国、ワクチンパスポート導入慎重に
ソウル市の人口が1千万人以下に
ピクサー、韓国おばあさん主題アニメ
APRIL「メンバー間いじめ」論争
オリンピック公園にKPOPスタジオ
新規コロナ感染者数444人
アストラゼネカ 高齢者への接種検討
「ザ現代ソウル」に瑞典SPA1号店
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
コロナ終わった?3連休で各地賑わう
週間アクセスランキング
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
3月から留学生健康保険の加入義務化
21.02.26
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
21.03.01
ネトフリ韓国コンテンツに巨額投資
21.02.25
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]