韓国旅行「コネスト」 <囲碁>「日本1500勝」の趙治勲九段、韓国公式棋戦に初めて出場。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

<囲碁>「日本1500勝」の趙治勲九段、韓国公式棋戦に初めて出場

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
日本棋院所属の棋士として活躍する趙治勲(チョ・チフン)九段(61)が「2017韓国棋院総裁杯シニア囲碁リーグ」に出場する。趙九段が世界大会やイベント大会でない国内公式棋戦に参加するのは今回が初めて。

韓国棋院側は22日、今年のシニアリーグで新チームを結成したKHエネルギー(会長ソン・ジンス)が第1指名棋士に趙治勲九段を指名したと22日、明らかにした。趙九段は釜山(プサン)を根拠地とするKHエネルギーのソン・ジンス会長の小学校の友人。

釜山生まれの趙九段は6歳だった1962年に日本に渡り、故・木谷実九段の門下で修行し、68年に当時の世界最年少(11歳9カ月)で入団した。

その後、日本3大タイトルの棋聖(8回)、名人(9回)、本因坊(12回)など日本囲碁界で最多(74回)タイトルを獲得した。83年には7大タイトルを総なめにする「グランドスラム」を達成した。本因坊10連覇(1989年-1998年)も趙九段の偉業だ。今年4月には日本囲碁界史上初めて通算1500勝を達成した。

7月20日に開幕する「2017韓国棋院総裁杯シニア囲碁リーグ」は所属や国籍の制限なく満50歳以上(1967年以前の出生者)のプロ棋士が参加する大会。今年はKHエネルギー(監督キム・ソンネ)をはじめ、三陟(サムチョク)海上ケーブルカー(監督ユン・ジョンソプ)、ソウルサイバーオロ(監督ユ・ゴンジェ)の新生3チームが合流し、計7チームが争う。7チームは来月24日に始まる正規リーグで14ラウンドダブルリーグ(計42試合・126局)で順位を決める。上位4チームが準プレーオフとプレーオフ、チャンピオン決定戦の順でポストシーズンを行い、チャンピオンを決める。優勝賞金は3000万ウォン(約293万円)。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2017年06月23日 14:57
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国の新規コロナ感染者418人
ホン・サンス監督ベルリン脚本賞受賞
電車でハンバーガー食べた女性を立件
ソウル五輪主題歌歌手 がんで死去
ドラマ「宮」 15年ぶりリメイクへ
出入国・外国人管理機関訪問予約制に
ワクチン副反応が新たに860件
BTSグローバル・アーティスト1位
ワクチンCOVAXから105万人分
文大統領 首席秘書官の辞表受理
スーバージュニア 遂に新音盤発売
俳優ジス 過去の暴力への謝罪文掲載
週間アクセスランキング
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
21.03.02
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
21.03.01
コロナ終わった?3連休で各地賑わう
21.03.02
韓国アイドル 1億人を動かす影響力
21.03.04
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]