韓国旅行「コネスト」 ソウル駅前の歩行者道 開通1カ月で利用者200万人超。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

ソウル駅前の歩行者道 開通1カ月で利用者200万人超

お気に入りに追加 (登録者 : 1人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】韓国・ソウル駅前の歩行者専用路「ソウル路7017」が、先月20日の開通から1カ月を迎えた。ソウル市は19日、開通から今月18日までに約203万3000人の市民が訪問したと伝えた。

 ソウル路7017は、1970年に開通し老朽化が進んだ自動車専用の高架道路を改修した歩行者専用路だ。

 利用者が最も多かったのは開通初日で、1日に15万人が押し寄せた。それ以降も毎週末には10万人前後の市民が訪れている。開通初期には昼休みに人が最も多かったが、近ごろは暑くなってきたことから夜間の利用者が昼休みを上回っている。

 ソウル市は、今年末までにソウル路の訪問者が1000万人を突破するものと予想している。

 一方、日差しの下でソウル路を歩いた市民らは、日陰や休憩場所が不足しているのが残念だとの反応を見せている。

 ソウル市は日よけ用のテントを新たに15張設置し、日よけも追加する計画だ。また、休憩場所として2~3人が同時に利用できる移動式のベンチ20台を配置するという。

 ソウル路では、開通10日後に30代の外国人が飛び降り自殺する事件も発生した。これを受けてソウル市は警備員を16人から31人に増やし、監視カメラも30台から42台に拡充した。

 市民の便宜と安全を強化すると同時に、ソウル路を楽しめるさまざまなプログラムも拡大する。

 「解説付きソウル路散策プログラム」に申し込むと、ソウル路に植えられた228種の植物についての説明を聞きながら歩くことができる。

 昼休み、帰宅時間帯には会社員を対象にしたトークショーなどの文化プログラムを運営し、今月22日には約200冊の旅行関連書籍を自由に読める「旅行者の書斎」をオープンする。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2017年06月19日 17:41
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
ロゼ 二つのギネス世界記録認定
新型コロナ流行の「第4波」警告
イ・ジュニク監督新作 週末興行1位
BTS17日にイベント無料配信
韓国の新規コロナ感染者587人
きょうから屋内でマスク常時着用
ユン・ヨジョン英アカデミー賞受賞
アストラ製ワクチンの接種再開へ
ユン・ゲサン漫画原作ドラマ主役に
首都圏でコロナ検査強化の行政命令へ
週間アクセスランキング
女優オム・ジウォン、結婚7年で離婚
21.04.07
ハ・ジウォンが画家に すでに売却も
21.04.07
ソウル市 月2で肉無し学校給食
21.04.08
ソウルの新市長にオ・セフン氏が当選
21.04.08
LINE ジスとキャラクター開発
21.04.09
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]