韓国旅行「コネスト」 宗廟から昌慶宮に続く緑地、80年ぶりに復元。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

宗廟から昌慶宮に続く緑地、80年ぶりに復元

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
日帝時代に道路が建設されたことにより、断絶してしまった宗廟(チョンミョ、史跡第125号)と昌慶宮(チャンギョングン、史跡第123号)間の緑地が80年ぶりに復元される。ソウル市は宗廟から昌慶宮に続く古宮の緑地復元のため、栗谷路(ユルゴンノ)の地下化工事を来年中に開始すると31日、発表した。

宗廟と昌慶宮は朝鮮時代、塀をはさんで続いていた。しかし1931年、日本側が民族精神の抹殺政策の一環として、この2つの宮殿の間にあった塀と樹木を撤去した後、道を建設した。この道は1966年に栗谷路という名前が付けられ、現在に至っている。

地下化される区間は昌徳宮の敦化門(トンファムン)交差点から苑南洞(ウォンナムドン)交差点に続く栗谷路の410メートルだ。市は歴史資料をもとに、地上部分に塀と緑地を造成し、本来の姿を復元する予定だ。また、市は栗谷路を従来の4車線から6車線に拡張し、都心の交通難も解消する方針だ。

ソウル市のイ・ゴンギ都心再整備第1担当官は「昌慶宮と宗廟が直結し、ここに新しく造成されるセウン広場と清渓川(チョンゲチョン)までをつなぎ、歴史文化都市としてのソウルのイメージをアップできる」と話している。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2008年08月01日 11:26
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者2日連続400人超
ワクチン初日に1万8489人が接種
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
「KCON:TACT3」出演者決定
1月の映画観客数と売上高 過去最低
新型コロナワクチン韓国で接種始まる
コロナ防疫レベル2週間据え置き
2032年南北五輪へ「努力続ける」
ネトフリ韓国コンテンツに巨額投資
週間アクセスランキング
気分だけでも日本旅行 チェジュ航空
21.02.22
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
INFINITEのエル海兵隊に入隊
21.02.22
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]