韓国旅行「コネスト」 大韓帝国最後の皇女・徳恵翁主の墓が一般開放へ。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

大韓帝国最後の皇女・徳恵翁主の墓が一般開放へ

お気に入りに追加 (登録者 : 4人)  印刷する
大韓帝国最後の皇女・徳恵翁主(トクヘオンジュ、1912~1989)の墓が一般に開放される。

韓国文化財庁はことし大韓帝国宣言120周年を迎えて高宗(コジョン)と福寧堂梁氏(ポンニョンダン・ヤンシ)の間に生まれた徳恵翁主の墓と、高宗の五男である義親王(1877~1955)の墓を今月16日から全面開放すると11日、発表した。

徳恵翁主の墓と義親王の墓は京畿道南楊州(キョンギド・ナムヤンジュ)の「洪陵(ホンヌン)と裕陵(ユルン)」(史跡 第207号)に位置している。洪陵は高宗と明成(ミョンソン)皇后を埋葬している場所だ。裕陵には純宗(スンジョン)と純明孝(スンミョンヒョ)皇后、純貞孝(スンジョンヒョ)皇后が眠っている。洪陵と裕陵は朝鮮王陵のうち黄帝陵の格式に従って造成された唯一のものだ。ここには大韓帝国の最後の皇太子・英親王と英親王妃が埋葬されている英園と、英親王の次男である李玖(イ・グ)が眠る懐仁園もある。

これに先立ち、文化財庁は昨年8月に公開された映画『徳恵翁主』のヒットで大韓帝国皇室家に対する関心が高まると、同年9月から11月まで二つの墓を臨時開放した。その後、再び一般開放を停止し、今回全面開放に踏み切った。だが、冬季中の11月から翌年2月までは安全面を考慮して観覧を制限する方針だ。

一方、徳恵翁主の墓に向かう途中には、徳恵翁主と義親王の生涯を展示した写真36点とあわせて大韓帝国皇室家系図等も展示される予定だ。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2017年05月12日 10:11
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
チャ・ウヌ 来月オンラインファンミ
新型コロナのセルフ検査キットを販売
Mnetサバイバル番組で感染者確認
こどもの日に株式をプレゼント?
女優ホン・スヒョン 一般男性と結婚
辛ラーメン 海外売上高が増加
韓国の新規コロナ感染者574人
「夫婦の世界」のコサン市はどこ?
韓国女子カーリング 延長戦の末勝利
韓国経済は好調、雇用は依然冬眠中
ワクチン接種者 きょうから隔離免除
週間アクセスランキング
大韓航空 最も「高い」客を乗せた
21.04.30
非婚出産のサユリ息子と人気番組出演
21.05.03
ソン・ジュンギ 来月7日ライブ配信
21.05.01
ワクチン接種も278人がコロナ感染
21.05.04
ワクチン接種者 きょうから隔離免除
21.05.05
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]