韓国旅行「コネスト」 気象庁、天気誤報なぜ多い 1「予報官、慣れたころに交代 」。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

気象庁、天気誤報なぜ多い 1「予報官、慣れたころに交代 」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
2004年1月、気象庁はスーパーコンピューター2号機を導入する計画を発表した。気象庁は「スーパーコンピューターが導入されれば、大雨警報を予報する時間が、1時間から2時間前に早められるなど、専門的で正確な予報が可能になるだろう」と話していた。

ところが、2005年11月に500億ウォン(約53億5538万円)のスーパーコンピュータ2号機が導入されたが、気象庁の期待は水の泡と化した。2006年7月12日、京畿道高陽市舟橋洞(キョンギド・コヤンシ・チュギョドン)には午前7時から豪雨が降った。わずか2時間で151ミリの降水量を記録した。気象庁は雨が降り始めた午前7時に大雨警報を発表したが、降水量は瞬く間に警報基準(12時間で150ミリ)を超えた。誤報はその後にも続いた。最近では5週連続して、週末の天気予報が外れ、不満を持たれている。予報の正確度も以前に比べ、改善されていない。降水確率についての正確度は2003年には85.1%で、2005年は85.5%となったが、2007年には85%に下がっている。豪雨や大雪のような気象特報の正確度も、2005年には66.1%、2006年は70.4%だったが、2007年には再び66.1%となっている。

気象庁もこのような問題点を周知している。昨年10月、「ハード面では先進国とほぼ同等のレベルを兼ね備えているが、予報正確度は世界1位のヨーロッパ中期予報センターと10年以上の技術の差がある」としている。

このような差はどこから生まれるのであろうか。   
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2008年07月29日 10:25
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
「ミナリ」ゴールデングローブ受賞
文大統領が演説で日韓関係に言及
コロナ感染者2日連続300人台
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
伝統家屋「韓屋」の歴史館1日開館
「5G」加入者 1300万人に迫る
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
韓国11月までにコロナ集団免疫目標
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
コロナ防疫レベル2週間据え置き
週間アクセスランキング
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]