韓国旅行「コネスト」 韓国訪問委員会、外国人観光客歓待週間を運営。韓国の経済ニュース
KONEST

韓国訪問委員会、外国人観光客歓待週間を運営

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
韓国訪問委員会〔朴三求(パク・サムグ)委員長〕は28日から5月7日まで外国人観光客訪韓集中時期(メーデーおよびゴールデンウイーク)を迎え、ソウル特別市観光協会(ナム・サンマン会長)と「2017春シーズン外国人観光客歓待週間」を運営する。これに先立って27日午前11時、歓待週間の開始を知らせる開会式を明洞(ミョンドン)一帯で開催した。

開会式では、プンムルノリをはじめ、歓待週間記念祝辞と外国人リピーター感謝伝達式、歓待実践サポーターズ発隊式などが行われた。

また、開会式セレモニーでは、韓国訪問委員会のハン・ギョンア事務局長、ソウル市観光協会のナム・サンマン会長、ソウル特別市観光体育局のアン・ジュンホ局長など、民官を代表する関係者と大学生微笑み国家代表、エアーソウルの乗務員、歓待実践サポーターズが共に明洞の街を歩きながら市民や外国人観光客に福袋とKスマイルキャンペーンの記念品を配布するパレードを行って肯定的な反応を得た。

一方、約10日間行われる歓待週間の間、観光特区および主要観光地の7カ所〔鍾路清渓(チョンノ・チョンゲ)、明洞、南大門(ナムデムン)、東大門(トンデムン)ファッションタウン、イテウォン、カンナムマイス、弘大(ホンデ)〕に歓待センターを設置し、外国語通訳および観光情報案内など多様な便宜サービスを提供する。

歓待センターを訪れた外国人観光客は便宜サービスを含め、ハングルのネイムタグ作り、観光地VR体験、SNS共有イベント、韓服体験のような参加型プログラムやテコンドー・パフォーマンス、K-POPカバーダンス、NANTAなど街の公演も楽しむことができる。特に、東南アジア圏の観光客が主に訪れる明洞、弘大、東大門歓待センターでは、該当言語の案内人がさらに配置され、東南アジア観光客の観光をサポートする。

韓国訪問委員会のハン・ギョンア事務局長は「昨年の外国人観光客歓待週間の間、6万5千人を超える外国人観光客が歓待センターを訪問して観光サービスを受けた。とても満足していた」とし「今回の歓待週間の運営で『2018平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)』を控えた韓国の親切さや微笑みを広く伝えるきっかけになり、より多くの外国人に韓国を訪問していただきたい」と話した。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2017年04月28日 09:19
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
BTSのツアー映画 米授賞式で受賞
韓国国防部、将兵への粗末給食認める
21日 次期防疫レベルを発表
文大統領 民主主義、コロナ克服に
韓国の新規コロナ感染者528人
鬼滅の刃 累積観客200万人突破
BTS 米番組のコンサートで一番手
AZ製ワクチン接種の50代警官死亡
IUが総額5億ウォンを寄付
ロッテ免税店ネット会員が70万人増
週間アクセスランキング
パク・ソジュン主演ドラマが漫画化
21.05.13
7月から新しい防疫基準を適用
21.05.12
女児虐待死事件 養母に無期懲役判決
21.05.14
韓国ビール「TERRA」の輸出開始
21.05.12
韓国政府が「特別旅行注意報」再延長
21.05.14
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]