韓国旅行「コネスト」 セウォル号の陸揚げ作業始まる 深夜にも完了か。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

セウォル号の陸揚げ作業始まる 深夜にも完了か

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
韓国南西部・全羅南道の木浦新港に停泊中の運搬船に積載されている旅客船セウォル号を埠頭(ふとう)に移す陸揚げ作業が9日午前9時から始まった。海洋水産部が明らかにした。

船体を下から持ち上げているタイヤ付きの運搬装備を少しずつ移動させ、満潮で運搬船と埠頭の高さが一致する午後1時ごろから埠頭の上に徐々に移す計画だ。全ての運搬装備が埠頭に移動した後、方向を転換し、台座の上に下ろして作業は完了する。

船体の重さは推定1万6000トンに上り、横倒しの状態のため、バランスを失わないようにしながら移動することが重要となる。海洋水産部関係者は「きょう午後10~11時ごろ作業が終わると予想しているが、翌午前0時を回る可能性もある」と説明している。

2014年4月16日にセウォル号が南西部の珍島沖で沈没した事故からこの日で1090日となり、あと1週間で丸3年を迎える。沈没事故で修学旅行中の高校生ら295人が死亡し、9人が行方不明のままとなっている。

陸揚げ作業が完了すれば、固定作業や船体外部の洗浄などを経て、9人の行方不明者の捜索が本格的に始まる。沈没海域の捜索も開始する。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2017年04月09日 14:30
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
ザ・現代ソウル、英誌でデザイン賞
韓国の新規コロナ感染者511人
済州航空・機内食カフェがオープン
BoAの兄が腹膜がんを告白
海外で韓国のチョコパイが人気
電動キックボード 原付き免許必要に
今月の少女、文化海外広報大使に就任
全斗煥元大統領が控訴審初公判を欠席
釜山ワンアジアフェス1300万視聴
INFINITEソンジョン兵役終了
週間アクセスランキング
女優ホン・スヒョン 一般男性と結婚
21.05.06
ワクチン接種も278人がコロナ感染
21.05.04
チャ・ウヌ 来月オンラインファンミ
21.05.06
ワクチン接種者 きょうから隔離免除
21.05.05
済州航空日本線の取消変更1回無料に
21.05.07
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]