韓国旅行「コネスト」 「太陽光大国」の秘密…日本は技術より市場を育てた(2)。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

「太陽光大国」の秘密…日本は技術より市場を育てた(2)

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
エニカ・イングルント広報担当は「いくら良いアイディアと新技術があっても市場性がなければ選ばない」とし「こうして選定した企業のうち、毎年10~20社が世界的な商品化に成功している」と誇った。

「アイディアを世界市場に(Where Ideas Go Global)」がスティングのモットーだ。良い技術と立派なアイディア商品を世界市場に出し、成功するように支援するのが最大の役割だ。こうしたものが集まって国家の新しい成長動力になるわけだ。

新しい成長動力を探して市場性を最優先に考慮するという点ではフィンランドのテクノポリスも似ている。

ここに入居するための企業選定基準は“グローバル商品性”だ。フィンランドは人口がスウェーデンよりさらに少ない約600万人にすぎない。このために初めから内需市場だけでは商品性がないと考え、世界市場に通じるアイディアを選ぶ。フィンランド全域の13のテクノポリスで毎年300企業が応募するが60社のみ選定される。

テクノポリスのメルビ・カーキ担当者は「世界最高水準のコンピューターセキュリティ企業であるFシーキュアなど有名企業がここで成長した」と述べた。

このようにスウェーデンやフィンランドの新しい成長動力発掘の原則は徹底的に市場性とグローバル商品性だ。

◇市場育てるのが政府の役割=1990年代後半まで米国は無人自動車部門でフランス、ドイツ、日本に立ち後れた。これを一気に逆転させたのが、まさに米国防省だ。国防省は2017年まで攻撃武器を揃えて自由走行が可能な戦闘車開発を目標に企業を選定した。しかし以前の段階(2004~2012年)で無人車購買資金として策定した政府のお金だけで17億ドルにのぼる。このような国防省の巨額の投資により米国は無人車開発分野で独歩的な1位に上がった。

太陽光発電分野で最も先を行くという日本も同じだ。政府は関連予算70%以上を技術開発分野ではない市場を育成する養育費として使ったのだ。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2008年07月22日 16:00
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国の新規コロナ感染者658人
きょうから都市部で制限速度引き下げ
セウォル号沈没事故から7年
JYPがオーガニック化粧品に出資 
政府11月まで集団免疫獲得目標維持
南陽乳業に「株価操作」の声
政府報告書「内需不振の緩和」に言及
大統領候補の支持率前検事総長25%
韓国政府が「特別旅行注意報」再延長
パクソジュンら主演映画クランクイン
ハイライトが来月3日にミニ盤発表
週間アクセスランキング
BTS17日にイベント無料配信
21.04.12
女優カン・ソラ 第1子女児を出産
21.04.15
12日から屋内でマスク常時着用
21.04.12
パク・ソジュン10周年ファンミ開催
21.04.15
パクソジュンら主演映画クランクイン
21.04.16
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]