韓国旅行「コネスト」 日本映画「湯を沸かすほどの熱い愛」、韓国公開4日で観客1万人突破。韓国の芸能ニュース
KONEST

日本映画「湯を沸かすほどの熱い愛」、韓国公開4日で観客1万人突破

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
映画『湯を沸かすほどの熱い愛』が公開4日で観客1万人を突破した。

23日に公開された『湯を沸かすほどの熱い愛』が同じ時期に公開された実写外国映画のうち、客席占有率1位および公開4日で観客1万人を突破した。これは2017年に公開された日本実写映画の中でも最高のスコアだ。映画オフシーズンにおける成績という点でも意味があり、注目を集めている。

ポータルサイト「ネイバー」の映画実観覧客評点は9.4点、実際に映画を見て評価をつけるCGVゴールデンエッグ指数は99%で満点に近い。日本では昨年10月に公開され、現在までロングラン上映中で、約23週間にわたって高い人気を維持している。

同作は、「幸の湯」を営む強じんな精神を持つ母親の双葉(宮沢りえ扮)とふがいない父親の一浩(オダギリジョー扮)、思春期真っ只中の安澄(杉咲花)、世間知らずの異母妹の鮎子(伊東蒼)のそれぞれの成長記を描いたヒューマンドラマだ。宮沢りえや杉咲花、オダギリジョーら日本トップ俳優の出演で話題を集めた同作は、余命が2カ月しか残っていないことを知った双葉が家族のために「絶対にやっておくべきこと」を成し遂げていく感動の物語だ。

俳優の演技力と中野量太監督のすぐれた演出、斬新なストーリー展開などで観客から好評を受けている。強い精神力で家族をまとめる双葉役の宮沢りえと、思春期の痛みを全身で感じている娘・安澄役の杉咲花は、繊細かつ豊かな演技力で劇全体を引っ張って観覧客の共感と涙を誘う一方、どこか抜けている一浩役で登場するオダギリジョーは特有の語り口とユーモアのあるエピソードで観客を笑わせる。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2017年03月28日 14:52
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
フィソンに薬物使用で執行猶予判決
チャットで観光情報提供サービス開始
新規コロナ感染者数446人
「レモナ」の新モデルはTWICEに
女優イ・ジウンさんが遺体で発見
韓国の消費者物価 OECDで4番目
AZ製ワクチン65歳以上接種可能
DAY6のソンジン、陸軍に入隊
文大統領が国際女性デーにメッセージ
APRILイ・ナウン、ドラマ降板
週間アクセスランキング
ドラマ「宮」 15年ぶりリメイクへ
21.03.05
電車でハンバーガー食べた女性を立件
21.03.05
ワクチン副反応が新たに860件
21.03.05
ソウル五輪主題歌歌手 がんで死去
21.03.05
韓国アイドル 1億人を動かす影響力
21.03.04
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]