韓国旅行「コネスト」 朴前大統領に拘束令状を請求…有罪時、刑量は?。韓国の政治ニュース
KONEST

朴前大統領に拘束令状を請求…有罪時、刑量は?

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
朴槿恵(パク・クネ)前大統領の賄賂授受の容疑が裁判所で認められれば、最低懲役10年以上の刑を言い渡されるものと見られる。

韓国検察は27日、賄賂授受と職権乱用権利行使の妨害などの容疑で朴前大統領の拘束令状を請求した。有罪が認められる場合「430億ウォン(約42億5578万円)台の賄賂授受」の容疑を受ける朴前大統領は「特定犯罪加重処罰に関する法律」上、収賄額1億ウォン以上である場合に当たるため、無期懲役または、懲役10年以上の刑を言い渡される可能性がある。

朴前大統領は数々の賄賂容疑が全部有罪と認められれば、最大懲役45年刑まで宣告される可能性がある。刑法上、懲役刑は30年が最高上限だが、競合犯加重規定により最も重い犯罪に対する宣告刑を2分の1に加重するように定めているためだ。

反対に、朴前大統領が容疑に対して自白したり、参酌できるほどの契機を作ったりすれば、懲役10年刑の半分である5年刑を言い渡される可能性もある。刑法は自首や自白など参酌するほどの理由があれば、宣告刑を半分に減刑するように定めている。

ただし、朴前大統領に宣告を猶予して猶予期間の間、事故がなければ刑を免ずる「宣告猶予」が適用される可能性はない。刑法は懲役1年以下の刑を言い渡された場合のみに宣告を猶予することができる。これと同様にに宣告後、刑の執行を猶予してその猶予期間が経過した時に宣告の効力を失わせる「執行猶予」が適用される可能性もない。刑法上、執行猶予は懲役3年以下である場合のみに該当する。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2017年03月27日 16:57
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国アイドル 1億人を動かす影響力
スーバージュニア 遂に新音盤発売
住居価格高騰で「脱ソウル」ラッシュ
Rain、結婚5年目を打ち明ける
「ミナリ」 公開初日に動員数1位
新規コロナ感染者数424人
俳優ジス 過去の暴力への謝罪文掲載
韓国20代、史上最悪の就職氷河期
家飲み増加でワイン輸入が過去最高
韓国、ワクチンパスポート導入慎重に
週間アクセスランキング
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
3月から留学生健康保険の加入義務化
21.02.26
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
21.03.01
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
21.03.02
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]