韓国旅行「コネスト」 韓国航空宇宙産業(KAI)はどのような会社なのか。韓国の経済ニュース
KONEST

韓国航空宇宙産業(KAI)はどのような会社なのか

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
韓国航空宇宙産業(KAI)は通貨危機直後の1999年10月に航空3社(サムスン・大宇・現代の航部門)を統合して設立された会社だ。国の政策により設立され、防衛事業庁、航空宇宙研究所などとの協力事業が多い。

当初の設立目標は進入障壁が高い軍装備の国産化と効率化だ。初めての国産戦闘訓練機である「KT-1」のインドネシア向け輸出(2001年)をはじめ、超音速高等訓練機「T-50」、超音速軽攻撃機「FA-50」、監視用無人航空機「ソンゴルメ」などが主力品目だ。

2010年にヘリコプター「スリオン」の飛行に成功し量産中だ。これ以外にも次世代中型衛星開発、各種軍関連設備を製作しており、次世代戦闘機(KF-X)も開発中だ。小型民需ヘリコプター生産をはじめ長期的に50人乗り中型旅客機などにも挑戦するという目標だ。

現在は売り上げの42%が軍から出ている。残りは完成機輸出(21%)、旅客機部品製作などの民間需要(37%)で発生する。昨年の売上額は3兆1000億ウォンで、今年はこれより小幅に多い3兆4000億ウォンを期待している。

一時は厳しい状況に置かれた売却の危機にもさらされたが2011年に上場した。大株主は韓国産業銀行(19%)、韓国輸出入銀行(7.7%)、国民年金(9.1%)、ハンファテックウィン(6%)で、機関と個人投資家の割合は66.4%に達する。

慶尚南道泗川(キョンサンナムド・サチョン)に本社があり、ここで航空機と衛星関連製品が作られる。山清(サンチョン)にも工場があり、大田(テジョン)には研究開発センターを置いている。全従業員は約4100人でこのうち研究開発人材が約40%だ。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2017年03月13日 13:04
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
ロゼ 二つのギネス世界記録認定
新型コロナ流行の「第4波」警告
イ・ジュニク監督新作 週末興行1位
BTS17日にイベント無料配信
韓国の新規コロナ感染者587人
きょうから屋内でマスク常時着用
ユン・ヨジョン英アカデミー賞受賞
アストラ製ワクチンの接種再開へ
ユン・ゲサン漫画原作ドラマ主役に
首都圏でコロナ検査強化の行政命令へ
週間アクセスランキング
女優オム・ジウォン、結婚7年で離婚
21.04.07
ハ・ジウォンが画家に すでに売却も
21.04.07
ソウル市 月2で肉無し学校給食
21.04.08
ソウルの新市長にオ・セフン氏が当選
21.04.08
LINE ジスとキャラクター開発
21.04.09
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]