韓国旅行「コネスト」 <ショートトラック>韓国代表のシン・ダウン、世界選手権男子1500メートルで金。韓国のスポーツニュース
KONEST

<ショートトラック>韓国代表のシン・ダウン、世界選手権男子1500メートルで金

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
ショートトラック韓国男子国家代表のシン・ダウン(ソウル市庁)が2017国際スケート競技連盟(ISU)ショートトラック世界選手権1500メートルで金メダルを獲得した。

シン・ダウンは12日(日本時間)、オランダ・ロッテルダムで開催された男子1500メートル決勝で2分16秒919を記録、サミュエル・ギラード(カナダ、2分16秒982)を僅差でおさえて金メダルを首にかけた。ソ・イラ〔華城(ファソン)市庁〕は3位(2分17秒051)で銅メダルを手にし、ヴィクトル・アン(ロシア、韓国名アン・ヒョンス)は4位にとどまった。

1500メートルで銅を手にしたソ・イラは、これまで記録がなかなか出なかった500メートルでもシンキー・クネフト(オランダ)、武大靖(中国)に続いて銅メダルとなり、平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)に希望をもたらした。

反面、世界最強を誇る女子代表チームは不振の連続だった。シム・ソクヒ(韓国体育大)とチェ・ミンジョン〔城南(ソンナム)市庁〕、キム・ジユ〔花井(ファジョン)高〕の3人が1500メートル決選に進んだが、チェ・ミンジョンはレース途中で倒れ、キム・ジユは失格となり、シム・ソクヒだけが銅メダルを首にかけた。金メダルはエリーズ・クリスティ(英国)、銀メダルはマリアナ・サンジュレー(カナダ、2分54秒381)が持っていった。

女子500メートルでもチェ・ミンジョンが準決勝で失格処理となり、シム・ソクヒが決勝進出に失敗するなど全体的に振るわなかった。決勝に進出したキム・ジユが范可新(中国)とサンジュレーに続いて銅メダルを首にかけて自尊心を守ったが、続く3000メートルリレー予選で失格となるなど、引き続き衝撃的な結果が女子チームを襲った。男子代表チームも5000メートルリレー第2組の競技でロシア、オランダに続き3位にとどまり、決勝進出を果たせなかった。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2017年03月13日 07:38
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
チェ・テジュン来月18日服務終了へ
カカオ日、韓国に漫画制作子会社設立
ベクヒョンのミニアルバム、ミリオン
韓国の新規コロナ感染者532人
昨年のアサヒビール輸入額が7割減
BTSイベント 視聴者270万人超
きょうから都市部で制限速度引き下げ
セウォル号沈没事故から7年
政府11月まで集団免疫獲得目標維持
南陽乳業に「株価操作」の声
週間アクセスランキング
女優カン・ソラ 第1子女児を出産
21.04.15
パクソジュンら主演映画クランクイン
21.04.16
パク・ソジュン10周年ファンミ開催
21.04.15
韓国政府が「特別旅行注意報」再延長
21.04.16
JYPがオーガニック化粧品に出資 
21.04.16
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]