韓国旅行「コネスト」 韓国映画 1月の観客数66%増=正月映画2作がヒット。韓国の芸能ニュース
KONEST

韓国映画 1月の観客数66%増=正月映画2作がヒット

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
1月の韓国映画の観客数が昨年より60%以上増えたことが分かった。「共助」(原題)、「ザ・キング」(同)の2作が興行に成功したことと、旧正月(今年は27~30日)の連休があったためだ。

映画振興委員会が20日発表した「1月韓国映画産業決算」によると、先月の映画館全体の観客数は2325万人で、昨年1月に比べ37.5%増加した。売上額も42.3%増え、1888億ウォン(約186億円)を記録した。

 このうち「共助」が1カ月で486万人、「ザ・キング」が441万人を動員し、興行成績1位、2位を記録した。3位は342万人を動員した日本のアニメーション映画「君の名は。」だった。「共助」と「ザ・キング」の善戦で韓国映画の観客数は66%増加した1268万人、売上額は72.6%増の1036億ウォンと集計された。韓国映画の観客占有率は54.5%で、昨年の45.2%から9.3ポイント上昇した。

 配給会社のランキングでは「共助」と「マスター」(同)など6作を配給したCJ E&Mが720万人を動員して1位(観客占有率31.0%)を占めた。「ザ・キング」のネクストエンターテインメントワールド(NEW)が2位(22.0%)、「君の名は。」を配給したメガボックスプラスエムが3位(15.1%)だった。

 低予算制作映画やアート系映画では韓国映画「女教師」(同)が11万5000人を動員して1位を記録し、ケン・ローチ監督の「わたしは、ダニエル・ブレイク」が2万8000人を動員して2位を占めた。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2017年02月20日 15:48
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
「ミナリ」ゴールデングローブ受賞
文大統領が演説で日韓関係に言及
コロナ感染者2日連続300人台
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
伝統家屋「韓屋」の歴史館1日開館
「5G」加入者 1300万人に迫る
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
韓国11月までにコロナ集団免疫目標
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
コロナ防疫レベル2週間据え置き
週間アクセスランキング
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]