韓国旅行「コネスト」 大韓航空、創業以来2度目の営業利益1兆ウォン突破。韓国の経済ニュース
KONEST

大韓航空、創業以来2度目の営業利益1兆ウォン突破

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
大韓航空が6年ぶりに営業利益1兆ウォンを突破した。系列会社だった韓進(ハンジン)海運の事態の影響で短期純損益は依然として赤字だが、昨年7-9月期までの関連損失をすべて払拭した。

大韓航空は9日、「昨年の営業利益が2015年比26.9%増の1兆1208億ウォン(約1105億円)を記録した」と公示した。大韓航空営業利益が1兆ウォンを超えたのは、2010年(1兆1588億ウォン)とあわせて、創業以来2度目だ。昨年の売上高(11兆7319億ウォン)も前年より若干(1.6%)増加した。昨年の営業利益が好転した背景は日本・インド・中国・台湾など収益性のいい旅客路線を積極的に増便したためだ。特に東南アジア路線の輸送実績が2015年より3%増え、中国路線も輸送実績が2%上昇した。昨年韓国で航空機を利用した人の数(1億379万人)が史上最大を更新したことも影響を及ぼした。貨物部門でも日本・東南アジア・中国・欧州・米国など、ほとんどの路線で輸送実績が改善されており、全体の輸送量も8%増加した。

更にに昨年、年間を通して原油安(1バレル当たり平均41ドル)も実績改善の一助となった。大韓航空は全体費用で油類費が占める割合が22%に及ぶ。ただ、昨年7-9月期まで韓進海運関連の損失(8251億)が財務諸表に反映され、年間5568億ウォンの当期純損失を記録した。大韓航空は「韓進海運の損失を除けば、2600億ウォンほど黒字という意味」と話した。回生手続き(法廷管理)に突入した時期(昨年9月2日)から、韓進海運の実績は大韓航空の業績から除外される。

昨年9月末に1096ウォンだったウォン・ドル相場が年末1208ウォンまで値上がりし、昨年10-12月期だけで6000億ウォンにのぼる外貨の為替差損も発生した。これに対して大韓航空は「為替レートが10ウォン上がれば、約920億ウォンの為替差損が発生する。ただ、1月から為替レート(9日現在、1147ウォン)が再び下がり、帳簿上の為替損のほとんど(5500億ウォン)を回復した」と説明した。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2017年02月10日 13:14
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者2日連続400人超
ワクチン初日に1万8489人が接種
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
「KCON:TACT3」出演者決定
1月の映画観客数と売上高 過去最低
新型コロナワクチン韓国で接種始まる
コロナ防疫レベル2週間据え置き
2032年南北五輪へ「努力続ける」
ネトフリ韓国コンテンツに巨額投資
週間アクセスランキング
気分だけでも日本旅行 チェジュ航空
21.02.22
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
INFINITEのエル海兵隊に入隊
21.02.22
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]