韓国旅行「コネスト」 李大統領が南北の全面対話を提案、強硬路線修正か。韓国の政治ニュース
KONEST

李大統領が南北の全面対話を提案、強硬路線修正か

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル11日聯合】李明博(イ・ミョンバク)大統領は11日、北朝鮮の完全な非核化を目指し6カ国協議当事国とともにあらゆる努力を傾けるとした上で、南北当局の全面的な対話の再開を提案した。国会開会にあたっての演説で述べたもの。

 李大統領は、韓国の北朝鮮政策は非核化を最優先にしながら南北双方に利益となる相生と共栄の道を開いてゆくものだと強調した。過去に合意した南北共同声明(1972年)、南北基本合意書(1991年)、非核化共同宣言(1992年)、南北共同宣言(2000年)、南北首脳宣言(2007年)をいかに履行していくかについて、北朝鮮と真剣に協議する用意があるとした。

 また、韓国軍捕虜と南北離散家族が自由に行き来し故郷に戻れるようにすることは双方の倫理的な責務だとし、南北間の人道的協力推進を提案した。これからは南北関係も互恵の精神に基づき、「宣言の時代」を超え「実践の時代」に向かうべきだと指摘。特定政権のレベルではなく、民族の将来といった観点から関係を築かねばならないと力を込めた。

 こうした発言は、南北関係の行き詰まりを打開するため、強硬路線の北朝鮮政策基調を修正する考えを示唆したものと受け取れる。

 一方、経済問題と関連しては「今は非常に困難な状況にあり、じっとしていれば原油高に触発された流れに押し出されてしまう」と述べ、今こそ皆が力を合わせ、前に出てゆくときだと強調した。経済再生に向けては、何よりも物価安定に注力するとし、公共料金の引き上げを最大限抑制するとともに、石油製品や農水産物の流通構造を改善することで消費者の負担を軽減する考えを示した。

 また、米国産牛肉輸入問題では多くのことを学んだとし、国民の声に細かいところまで耳を傾け国民の信頼を得ることに国政の中心を置くと強調し、法治の原則を堅固にしていくと述べた。
 
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2008年07月11日 15:46
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者416人
ワクチン接種 開始9日で30人万超
「社会的距離」草案4段階に簡素化へ
ホン・サンス監督ベルリン脚本賞受賞
電車でハンバーガー食べた女性を立件
ソウル五輪主題歌歌手 がんで死去
ドラマ「宮」 15年ぶりリメイクへ
出入国・外国人管理機関訪問予約制に
ワクチン副反応が新たに860件
BTSグローバル・アーティスト1位
週間アクセスランキング
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
21.03.02
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
21.03.01
ドラマ「宮」 15年ぶりリメイクへ
21.03.05
コロナ終わった?3連休で各地賑わう
21.03.02
韓国アイドル 1億人を動かす影響力
21.03.04
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]