韓国旅行「コネスト」 反政権文化人リスト疑惑 元大統領秘書室長ら取り調べへ=韓国。韓国の政治ニュース
KONEST

反政権文化人リスト疑惑 元大統領秘書室長ら取り調べへ=韓国

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領に絡む疑惑と親友の崔順実(チェ・スンシル)被告の国政介入事件を調べている特別検察官の捜査チームは17日午前、朴政権に批判的な芸術家や俳優など文化・芸術界関係者をリストアップした「ブラックリスト」が作成されていたとの疑惑をめぐり、金淇春(キム・ギチュン)元大統領秘書室長と趙允旋(チョ・ユンソン)文化体育観光部長官を容疑者として取り調べる。

二人は朴政権に批判的な文化・芸術界関係者を政府の支援対象から排除する目的で作ったとされるブラックリストの管理を主導したなどとして、職権乱用の疑いが持たれている。

 金氏をめぐっては、2013年8月から15年2月まで「大統領の影」と呼ばれる秘書室長を務め、リストの作成から管理を主導したとの疑惑が浮上している。

 趙氏は14年6月から15年5月まで青瓦台(大統領府)の政務首席秘書官として、リストに関与したとされる。先月に国会で行われた聴聞会で「ブラックリストは全く見たことがない」と述べてリストの存在を否定したが、今月9日の聴聞会では「芸術家への支援を排除するリストはあったと判断されている」と認めた。

 特別検察官チームはブラックリストの作成・管理は自由民主主義に反する重大な犯罪と判断し、金鍾徳(キム・ジョンドク)前文化体育観光部長官や鄭官珠(チョン・グァンジュ)前文化体育観光部第1次官、申東チョル(シン・ドンチョル)元青瓦台政務首席秘書官を逮捕した。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2017年01月17日 09:39
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
フィソンに薬物使用で執行猶予判決
チャットで観光情報提供サービス開始
新規コロナ感染者数446人
「レモナ」の新モデルはTWICEに
女優イ・ジウンさんが遺体で発見
韓国の消費者物価 OECDで4番目
AZ製ワクチン65歳以上接種可能
DAY6のソンジン、陸軍に入隊
文大統領が国際女性デーにメッセージ
APRILイ・ナウン、ドラマ降板
週間アクセスランキング
ドラマ「宮」 15年ぶりリメイクへ
21.03.05
電車でハンバーガー食べた女性を立件
21.03.05
ワクチン副反応が新たに860件
21.03.05
ソウル五輪主題歌歌手 がんで死去
21.03.05
韓国アイドル 1億人を動かす影響力
21.03.04
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]