韓国旅行「コネスト」 特検、李在鎔サムスン電子副会長の逮捕状を請求。韓国の政治ニュース
KONEST

特検、李在鎔サムスン電子副会長の逮捕状を請求

お気に入りに追加 (登録者 : 1人)  印刷する
朴英洙(パク・ヨンス)特別検察官チームが李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長(49)に対する逮捕状を請求した。

特検チームは16日、「李在鎔(イ・ジェヨン)副会長に対して賄賂供与などの容疑で逮捕状を請求した」と述べ、このように明らかにした。これに先立ち特検は15日の記者会見で、「李副会長らに対する逮捕状の請求を決めるために現在まで調べた関係者の陳述および証拠資料を整理し、該当犯罪の法理などを検討している。事案が複雑で重大である点を考慮している」と説明した。

李副会長は2015年7月のサムスン物産-第一毛織の合併に関連して朴槿恵(パク・クネ)大統領から支援を受ける代わりに朴大統領の親友の崔順実(チェ・スンシル)被告に賄賂を渡した疑い。

サムスンは2015年8月に崔順実被告のドイツ法人コアスポーツと220億ウォン(約21億円)台のコンサルティング契約を結び、うち38億ウォンを送金した。同年10月と昨年1月には崔被告の姪チャン・シホ被告が設立した韓国冬季スポーツ英才センターにも16億2800万ウォンを後援した。特検チームはこれを、2015年7月に朴大統領が保健福祉部傘下の国民年金公団を通じてサムスン物産と第一毛織の合併を支援ししたことに対する対価とみている。これに対しサムスンはその間、「朴大統領と崔被告側の強要によるやむを得ない支援であり、李副会長はそのような支援を指示していない」と主張してきた。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2017年01月16日 14:21
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
「KCON:TACT3」出演者決定
1月の映画観客数と売上高 過去最低
新型コロナワクチン韓国で接種始まる
新規コロナ感染者数406人
コロナ防疫レベル2週間据え置き
2032年南北五輪へ「努力続ける」
ネトフリ韓国コンテンツに巨額投資
大型アップルストア汝矣島にオープン
T-ARAジヨン殺害脅迫受け捜査求
元X1スンヨン、自作曲で来月カムバ
韓国ワクチン第1号接種者はだれ?
移送中に適正温度外れ、ワクチン回収
週間アクセスランキング
気分だけでも日本旅行 チェジュ航空
21.02.22
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
INFINITEのエル海兵隊に入隊
21.02.22
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]