韓国旅行「コネスト」 「朴大統領、朴正煕暗殺事件以降、顔面麻ひ症状で蜂針療法受けていた」。韓国の政治ニュース
KONEST

「朴大統領、朴正煕暗殺事件以降、顔面麻ひ症状で蜂針療法受けていた」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
蜂針療法(アピセラピー療法)の普及者として活動してきたカン・ヒョク氏(カン・ヒョク蜂針民間普及学会長)が「朴槿恵(パク・クネ)大統領が10・26事件〔朴正熙(パク・チョンヒ)元大統領殺害事件〕以降、断続的な顔面麻ひ症状でアピセラピーを受けていた」と13日、東亜日報とのインタビューで明らかにした。

カン氏は朴大統領が国会議員時代の1999年から2003年まで、2~3日に一度の間隔で自身の家を訪ねてきてアピセラピーを受けていたと明らかにした。カン氏は朴大統領の健康状態について「顔面麻ひ症状のせいで真夏も自動車のエアコンをつけることができないほどだった」と説明した。カン氏は、アピセラピー療法によって朴大統領の症状が大きく緩和されたが、韓方医学界でアピセラピー治療に対する論争が起きると2004年からは治療を中断したと話した。

2006年には地方選挙遊説中にカッターナイフで顔を切りつけられる事件が発生して顔面麻ひとパニック症状を発症したということで、カン氏は大統領にローヤルゼリーを送ったという。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2017年01月13日 11:30
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
「ミナリ」ゴールデングローブ受賞
文大統領が演説で日韓関係に言及
コロナ感染者2日連続300人台
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
伝統家屋「韓屋」の歴史館1日開館
「5G」加入者 1300万人に迫る
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
韓国11月までにコロナ集団免疫目標
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
コロナ防疫レベル2週間据え置き
週間アクセスランキング
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]