韓国旅行「コネスト」 憲法裁が「ダメ出し」 朴氏側提出のセウォル号事故当日報告。韓国の政治ニュース
KONEST

憲法裁が「ダメ出し」 朴氏側提出のセウォル号事故当日報告

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の代理人が10日、弾劾審判の第3回弁論に合わせて憲法裁判所に提出した15ページ分の「セウォル号」沈没事故当日(2014年4月16日)の動静に関する答弁書にはつじつまが合わない部分があるなど不備があった。内容も青瓦台(大統領府)が発表していたものと大差はなく、不十分との指摘が出ている。

国会で可決された朴大統領の弾劾案は弾劾事由の一つとして、朴大統領が沈没事故時に積極的な対応を取らず、生命権保護義務に違反したと明記している。憲法裁は事故当日の朴大統領の行動がはっきりしない「空白の7時間」について、動静を具体的に明らかにするよう求めていた。

 答弁書では事故当日の午前、アン・ボングン第2付属秘書官(役職は当時、以下同じ)が官邸の執務室を訪れ、事故関連状況を報告し、昼食後もチョン・ホソン第1付属秘書官が関連状況を報告したとした。

 だが、別のページでは事故当日に官邸に出入りしたのは大統領の洗口液を持って来た青瓦台勤務の軍の看護官、朴大統領の中央災難(災害)安全対策本部訪問直前に訪れた美容担当者以外はいないと記載されている。

 図表まで付け、朴大統領の動静を午前9時53分から対策本部を訪れた午後5時半まで、3~41分間隔で詳細に記載しながらも、どういうわけか2人の秘書官から報告を受けた時間は入れなかった。

 大規模災害発生時の対応を総括する金章洙(キム・ジャンス)国家安保室長との通話記録も明らかにしなかった。

 朴大統領側は「大統領の日常は通勤の概念ではなく、24時間在宅勤務体制といえる」と主張しながらも、午前9時前の動静に関しては沈没事故への対応と無関係として記載しなかった。

 また対策本部の訪問が遅くなった理由についても「警護上の機密」とし、言及を避けた。

 第3回弁論で憲法裁は答弁書が弾劾審判の資料として不十分と判断。「答弁書が憲法裁の要求に及ばない」として、補完を求めた。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2017年01月10日 16:24
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国入り脱北者 前年の7割減
東京五輪まで100日 韓国の目標は
BTSジミンの衣装 オークションに
ポン・ジュノ監督、米憎悪犯罪に言及
サムスン電子が大規模な中途採用実施
BTS日本曲ビルボードチャート入り
JYPが手がけるITZYの新曲
韓国の新規コロナ感染者731人
失業率悪化も、就業者数はプラスに
ユン・ヨジョン、授賞式前に思い語る
週間アクセスランキング
ソウル市 月2で肉無し学校給食
21.04.08
LINE ジスとキャラクター開発
21.04.09
12日から屋内でマスク常時着用
21.04.12
BTS17日にイベント無料配信
21.04.12
歌手オ・ジョンヒョク、12日に結婚
21.04.08
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]