韓国旅行「コネスト」 千鏡子の美人図鑑定したルミエール社「韓国検察、時代遅れの技術で本物と結論」。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

千鏡子の美人図鑑定したルミエール社「韓国検察、時代遅れの技術で本物と結論」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
韓国女流画家の故・千鏡子(チョン・ギョンジャ)氏の『美人図』は贋作だと鑑定した仏ルミエール・テクノロジーが、韓国検察が真作とした結論を批判した。ルミエール・テクノロジーは21日、Jean PENICAUT社長名義の反駁文を通じて「韓国検察が真贋を確認するために動員した方法は主観的であるだけでなく時代遅れの技術」と主張した。ルミエール鑑定団は名画『モナ・リザ』の表面の下に隠されていたもう一つの絵の存在を突き止めた機関で、千氏の遺族の要請で『美人図』を鑑定した。

PENICAUT社長は、検察が真作としている根拠として押印線(鋭い筆記具で事物の外郭ラインを描いた跡)を提示したことについて、「スケッチというものは科学鑑定では何の意味もない」としながら「贋作者がアトリエ写真などを見ながらいくらでもまねることができる」と指摘した。また、検察が使った科学鑑定技法であるX線、遠赤外線、コンピュータ映像分析、遺伝子(DNA)分析などについては「遠赤外線技法などは1950年代から使われているもので、その大部分が先端技法から程遠い」と低く評価した。美術専門家の「見識鑑定」については「ただの主観的な意見だ」と主張した。

検察が「ルミエール鑑定団の報告書には1650個の断層に対する深層的分析内容は記述されていなかった」と発表した点についても反論した。PENICAUT社長は「63枚の報告書にまとめた9種類の検証は多重スペクトラムと超高解像度撮影、1650層間分離テクノロジーでなければ不可能だった」と説明した。引き続き「いつでもソウルを訪問して話をする用意はある」と話した。これに対して検察捜査チームは「捜査結果は動員できる科学的方法と関連者の陳述などを最大限取り入れたもの」としながら「結論は変わらない」という立場を明らかにした。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2016年12月22日 08:08
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国の新規コロナ感染者672人
BTSイベント 視聴者270万人超
きょうから都市部で制限速度引き下げ
セウォル号沈没事故から7年
JYPがオーガニック化粧品に出資 
政府11月まで集団免疫獲得目標維持
南陽乳業に「株価操作」の声
政府報告書「内需不振の緩和」に言及
大統領候補の支持率前検事総長25%
韓国政府が「特別旅行注意報」再延長
パクソジュンら主演映画クランクイン
週間アクセスランキング
BTS17日にイベント無料配信
21.04.12
女優カン・ソラ 第1子女児を出産
21.04.15
12日から屋内でマスク常時着用
21.04.12
パク・ソジュン10周年ファンミ開催
21.04.15
パクソジュンら主演映画クランクイン
21.04.16
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]