韓国旅行「コネスト」 30代の57%「子どもは階層を上れない」=韓国。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

30代の57%「子どもは階層を上れない」=韓国

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
自分の努力で「階層移動はしご」を上ることができると信じる韓国人は10人のうち2人にすぎないことが分かった。低成長が長期化する中、所得の差が広がり、「小川から龍が出る」という言葉が消え、いわゆる「格差固定論」が強まっている。

未来に対する悲観は特に30代で強く表れた。深刻化する結婚離れ、少子化と軌を一にする。統計庁が12日に出した「韓国の社会動向2016」の内容がこの時代の自画像だ。

分析結果によると、「生涯努力すれば個人の社会経済的地位が高まる可能性はどの程度と思うか」という質問に「非常に高い」「比較的高い」という前向きな回答は2015年を基準に21.8%にとどまった。1994年に60.1%だった「楽観論者」の比率は通貨危機直後の99年に21.7%まで急落した後、徐々に回復し、2009年には35.7%まで上がった。しかしその後はまた低下し、通貨危機水準に戻った。

一方、「非常に低い」「比較的低い」という悲観的な回答は94年の5.3%から昨年は62.2%まで上がった。20年前は階層上昇の可能性に楽観的な回答をした人が10人のうち6人だったとすれば、今は悲観論者が10人のうち6人になったということだ。

子どもの将来も明るくないという見方が増えた。「現在の本人の世代に比べて子どもの世代の社会経済的地位が高まる可能性はどの程度と思うか」という質問に対し、「比較的低い」「非常に低い」という回答が50.5%と半分以上だった。

年齢帯別には特に30代に悲観論が多かった。10人のうち7人(69.3%)は自分が努力してもより高い階層に上る可能性は低いと考えている。また、30代の10人に6人(57.1%)は子どもが自分より高い階層に入る可能性も否定的に見ている。10年前(30.2%)に比べ2倍ほど増えた。

研究を担当したキム・ヒサム光州科学技術院教授は「貧富の差があっても階層移動の可能性さえあれば不平等は努力の動機になるが、現在の状況は『格差社会』を越えて『格差固定』が現実化する危険を警告するものだ」とし「特に仕事に励み、結婚し、子どもを持つ年齢帯で悲観論が広がる状況は、我々の社会の『再生産』まで脅かす可能性がある」と述べた。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2016年12月13日 07:44
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
I.O.I 約束通り5周年に再集結
テミン、5月31日に軍楽隊入隊へ
韓国の新規コロナ感染者549人
5月から世界のマックでBTSコラボ
Apinkがデビュー10周年
俳優パク・チュンフン飲酒運転で送検
ソウルで設立10周年の記念写真展
チェ・テジュン来月18日服務終了へ
昨年のアサヒビール輸入額が7割減
韓国ラッパーのイ・ヒョンベさん死去
週間アクセスランキング
女優カン・ソラ 第1子女児を出産
21.04.15
パクソジュンら主演映画クランクイン
21.04.16
パク・ソジュン10周年ファンミ開催
21.04.15
韓国政府が「特別旅行注意報」再延長
21.04.16
JYPがオーガニック化粧品に出資 
21.04.16
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]