韓国旅行「コネスト」 朴大統領の弾劾案可決 外交・国防政策は維持か=韓国。韓国の政治ニュース
KONEST

朴大統領の弾劾案可決 外交・国防政策は維持か=韓国

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領に対する弾劾訴追案が9日、国会本会議で可決されたことを受け、外交・国防当局は慌ただしい動きを見せた。

 国防部の韓民求(ハン・ミング)長官は、全軍に監視・警戒態勢の強化と指揮官によるテレビ会議の開催を指示した。

 テレビ会議には 韓国軍制服組トップの李淳鎮(イ・スンジン)合同参謀本部議長をはじめ、各軍の参謀総長、作戦司令官、海兵隊司令官ら約30人が出席した。韓長官は警戒態勢を強化するよう再度指示した。

 黄教安(ファン・ギョアン)首相も朴大統領の弾劾訴追案が可決された直後、韓長官に電話をかけ、北朝鮮が混乱に乗じて挑発を仕掛ける可能性が高いとした上で、軍が任務遂行に万全を期すとともに監視・警戒態勢を強化するよう求めた。

 外交部の尹炳世(ユン・ビョンセ)長官は、世界各地の韓国大使館など在外公館に電報を発送し、韓国の外交政策基調は変わらないことを駐在国に伝えるよう指示した。

 統一部は、弾劾訴追案が可決された直後、「政府は平和統一の基盤構築など対北政策基調を一貫して堅持し、主な懸案を支障なく推進していく」とした上で、「北の態度などを鋭意注視し、関係官庁が緊密に協力して万全の対応態勢を維持する」との立場を明らかにした。

 外交や安全保障部門に従事する公務員はテレビやインターネットなどを通じて弾劾訴追案の採決の様子を見守った。

 外交部のある職員は「部内でもテレビやインターネットで結果を見守る雰囲気だった。可決の可能性が高いことは報道を通じて知っていたが、予想より賛成票が多く少し驚いた」と話した。

 別の職員は「今回の状況がわが国の外交にまで影響を与えないことを願うのは皆同じだと思う」と話した。

 外交部内では、首脳会談や条約締結には制限があるものの、これまで行ってきた業務については大きな変化がないと見る向きが多いようだ。

 統一部関係者は「大統領の弾劾以降も対北政策には大きい変化がないと予想される」と話した。朴槿恵政権で推進してきた政策を急激に転換するよりも、安定的に管理していくことに注力するとの方針を示したものと受け止められる。

 国防部のある職員は「弾劾案可決後も国防の懸案推進には変わりがないため、今年の事業が無事に終わるよう業務をまとめることが重要」と話した。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2016年12月10日 20:19
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者数344人
コロナ終わった?3連休で各地賑わう
ストレイキッズのヒョンジン活動休止
「ミナリ」ゴールデングローブ受賞
文大統領が演説で日韓関係に言及
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
伝統家屋「韓屋」の歴史館1日開館
韓国11月までにコロナ集団免疫目標
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
週間アクセスランキング
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
ネトフリ韓国コンテンツに巨額投資
21.02.25
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]