韓国旅行「コネスト」 クォン・サンウ、ソ・ジソプ出演予定ドラマが消滅の危機。韓国の芸能ニュース
KONEST

クォン・サンウ、ソ・ジソプ出演予定ドラマが消滅の危機

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する

クォン・サンウ−コ・ヒョンジョン主演の「大物」とソ・ジソプのドラマ復帰作として関心を集めた「カインとアベル」がともに消滅の危機を迎えている。 SBS(ソウル放送)は26日、編成局とドラマ局の合同会議の末、「大物」と「カインとアベル」を下半期の編成から除くことを最終決定した。

当初この2作品は韓流スターを前面に出して100億ウォン(約10億円)台の制作費を投入する大作として期待を集めたにもかかわらず、1年間も漂流しながら座礁する危機を迎え、放送関係者に衝撃を与えている。

クォン・サンウ−コ・ヒョンジョンとソ・ジソプはそれぞれ今年11月と12月までにドラマが編成されない場合、出演を撤回すると伝えている。 2作品はMBC(文化放送)とKBS(韓国放送公社)で編成されない場合、事実上‘空中分解’となる。 しかし他局も「すでに下半期の編成が決まった状態」とし、消極的な姿勢を見せている。

クォン・サンウとソ・ジソプという‘大魚’を前面に出したドラマが相次いで座礁したことに関し、放送局側は「スターシステムにこれ以上拘束されない」という理由を掲げている。 クォン・サンウとコ・ヒョンジョンのギャラだけで1話当たり1億ウォン(約1000万円)を超える「大物」は無理な制作費のため、外注制作会社イキムプロダクションがオープンセットを建設するという約束を守れなかった。

「カインとアベル」もソ・ジソプを前面に出して日本最高の広告代行会社兼コンテンツ流通会社の電通に事前販売したが、海外ロケ費用などを合わせて60億ウォン以上となる予算を確保できず、内部的に危機を迎えた。

SBSの関係者は「スターだけを決めておいて投資と制作規模に縛られる外注制作会社のシステムは結果的に良いコンテンツにつながらないため、無理な手は打たなかった」と伝えた。

実際、これらの作品以前にもソン・スンホン主演の「ペルソナ」とチャ・インピョ、ソル・ギョング、ソン・イェジンがキャスティングされた「エージェントゼロ」などが消滅している。

しかし外注制作会社と地上波プロデューサー間の対立も少なくない影響を及ぼした、というのが放送関係者の説明だ。 「大物」はSBSのキム・ヒョンシク・プロデューサーが演出する予定だったが、キャスティングや制作費の問題でイキムプロダクションと衝突、この過程で制作会社が演出者の交代を要求し、SBSのプロデューサーが強く反発した。


COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2008年06月30日 17:56
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
チャ・ウヌ 来月オンラインファンミ
新型コロナのセルフ検査キットを販売
Mnetサバイバル番組で感染者確認
こどもの日に株式をプレゼント?
女優ホン・スヒョン 一般男性と結婚
辛ラーメン 海外売上高が増加
韓国の新規コロナ感染者574人
「夫婦の世界」のコサン市はどこ?
韓国女子カーリング 延長戦の末勝利
韓国経済は好調、雇用は依然冬眠中
ワクチン接種者 きょうから隔離免除
週間アクセスランキング
大韓航空 最も「高い」客を乗せた
21.04.30
非婚出産のサユリ息子と人気番組出演
21.05.03
ソン・ジュンギ 来月7日ライブ配信
21.05.01
ワクチン接種も278人がコロナ感染
21.05.04
ワクチン接種者 きょうから隔離免除
21.05.05
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]