韓国旅行「コネスト」 旅客船事故「空白の時間」 大統領府がHPで説明=官邸で執務。韓国の政治ニュース
KONEST

旅客船事故「空白の時間」 大統領府がHPで説明=官邸で執務

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)は19日、2014年4月16日に発生した韓国旅客船セウォル号沈没事故当日の朴槿恵(パク・クネ)大統領の「空白の7時間」について、「この日は主に官邸の執務室を利用した」と明らかにした。

青瓦台はホームページに「誤報・怪談(デマ)を正す」というコーナーを新たに設け、「セウォル号7時間、大統領はどこで何をしていたのか?――これがファクト(事実)です」と題した文章を掲載した。

 青瓦台はこれまで、朴大統領が青瓦台の敷地内にいたとしながらも具体的な執務場所には触れてこなかった。青瓦台内にある複数の執務室のうち主に官邸の執務室にいたことを明かすのは初めて。

 朴大統領の親友の崔順実(チェ・スンシル)容疑者による国政介入疑惑をきっかけに、野党を中心に朴大統領の退陣を迫る声が強まっている。朴大統領が国政を指揮できていないという批判の中には、セウォル号の事故対応への非難も含まれており、これに青瓦台が対応したものといえる。

 青瓦台は「事故の原因を大統領の7時間に絡める悪意のある怪談とメディアの誤報により、国民の混乱が深まっている」と指摘。疑惑は「密会」から「美容整形の施術」などへと次々に変化したと批判した。

 また、青瓦台は敵の攻撃が予想される国の安全保障施設であり、大統領の所在地や動静は公開しないものだとしながらも、「さらに流言飛語が国民をあおり国の混乱を深めないよう、セウォル号事件当日の大統領の執務内容を細かく公開する」と説明した。

 朴大統領は午前10時半から中央災難(災害)安全対策本部を訪れる直前の午後5時10分まで、青瓦台の国家安保室や政務首席室から15回にわたり状況報告を受けた。それに対する具体的な指示内容も掲載されている。

 青瓦台がホームページに設けたこのコーナーには、朴大統領にかかわるその他のうわさも取り上げている。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2016年11月20日 11:35
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国ビール「TERRA」の輸出開始
韓国の新規コロナ感染者635人
ブラックピンク 来月ライブCD発売
ワクチン休暇広がる?大企業が検討中
大手事務所サイダスHQ代表が辞任へ
韓国の新規コロナ感染者511人
済州航空・機内食カフェがオープン
BoAの兄が腹膜がんを告白
海外で韓国のチョコパイが人気
電動キックボード 原付き免許必要に
週間アクセスランキング
女優ホン・スヒョン 一般男性と結婚
21.05.06
チャ・ウヌ 来月オンラインファンミ
21.05.06
海外で韓国のチョコパイが人気
21.05.11
済州航空日本線の取消変更1回無料に
21.05.07
ユン・ヨジョン 8日に凱旋
21.05.07
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]