韓国旅行「コネスト」 「必ず結婚すべき」と考える韓国国民52% 減少傾向に 。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

「必ず結婚すべき」と考える韓国国民52% 減少傾向に

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【世宗聯合ニュース】韓国人のうち必ず結婚すべきだと考える人の割合が半分近くに減少し、未婚の男女の同居を肯定的に捉える人の割合が増えるなど、結婚に対する認識が変わってきている。

 韓国統計庁が15日発表した社会調査結果によると、13歳以上の国民のうち、「結婚すべきだ」と考えている人は51.9%で、2010年の64.7%から大きく減少した。男性(56.3%)の方が女性(47.5%)より結婚の必要性を強く認識していた。

 また、半数近い国民(48.0%)は「結婚していない男女が一緒に住んでも構わない」と考えていることが分かった。この割合は10年(40.5%)以降、増加傾向が続いている。一方で、「結婚していなくても子どもを持ってよい」という考えには75.8%が反対した。

 国民の66.1%は「外国人との結婚は問題ない」という認識を示した。

「結婚生活は当事者より家族の関係を優先すべきだ」という考えには52.0%が同意したが、20代(45.3%)と30代(49.8%)はこの割合が低く、より当事者間の関係を重視していると分析された。

 結婚費用や儀式的な手続きなどを含む韓国の結婚式文化については、75.4%が「度が過ぎていると思う」と答えた。離婚については「すべきではない」と考えている人の割合が39.5%と、40%以下に下落した。

 また、国民の56.5%は家族関係に満足していると答えた。配偶者との関係では夫の71.3%が妻に満足しているとしたが、夫との関係に満足している妻の割合は58.5%にとどまった。

 両親と子どもが同居している割合は29.2%で、08年(38.0%)より8.8ポイント下落した。

 両親が生活費を自分たちで賄っている割合は52.6%で、2年前より2.4ポイント増加した。生活費を子どもたちが提供している割合は47.4%で、減少傾向が続いている。

 家事を平等に分担すべきだと考える人は53.5%だった。男性も48.1%がこれに共感したが、実際に平等に家事を分担している夫は17.8%にすぎなかった。

 韓国の青少年が最も悩んでいる問題は勉強(32.9%)だった。職業(28.9%)や外見(10.7%)も多かった。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2016年11月15日 16:46
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者416人
ワクチン接種 開始9日で30人万超
「社会的距離」草案4段階に簡素化へ
ホン・サンス監督ベルリン脚本賞受賞
電車でハンバーガー食べた女性を立件
ソウル五輪主題歌歌手 がんで死去
ドラマ「宮」 15年ぶりリメイクへ
出入国・外国人管理機関訪問予約制に
ワクチン副反応が新たに860件
BTSグローバル・アーティスト1位
週間アクセスランキング
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
21.03.02
ドラマ「宮」 15年ぶりリメイクへ
21.03.05
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
21.03.01
コロナ終わった?3連休で各地賑わう
21.03.02
韓国アイドル 1億人を動かす影響力
21.03.04
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]