韓国旅行「コネスト」 韓国検察 朴大統領と面会の大企業トップら聴取へ 。韓国の政治ニュース
KONEST

韓国検察 朴大統領と面会の大企業トップら聴取へ

お気に入りに追加 (登録者 : 1人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の親友、崔順実(チェ・スンシル)容疑者の国政介入疑惑を捜査している検察の特別捜査本部が、昨年7月に朴大統領と非公開で面会した大企業のトップ全員を取り調べる方針を固めたもようだ。捜査当局が10日、明らかにした。

検察は昨年7月24~25日に朴大統領と大企業トップとの面会が行われた経緯や対話の内容を把握することが、崔容疑者が私物化していた疑いが持たれている二つの財団に対する朴大統領の介入疑惑を解明するためには不可欠と判断し、当時の出席者を聴取することを決めた。

 聴取の対象になるのは、サムスン電子の李在鎔(イ・ジェヨン)副会長、現代自動車グループの鄭夢九(チョン・モング)会長、LGグループの具本茂(ク・ボンム)会長ら7人。

 朴大統領は昨年7月24日、青瓦台(大統領府)に大企業トップ17人を招き昼食を兼ねた懇談会を開催した。朴大統領はその際、「韓流を拡散する意味で大企業が財団をつくり支援してほしい」という趣旨の発言をした。

 朴大統領と大企業トップは同日と翌日、青瓦台や外部で個別に面会したとされる。その席で朴大統領は、文化支援財団「ミル財団」とスポーツ支援財団「Kスポーツ財団」の設立の趣旨を具体的に説明し、大企業トップに積極的な参加を呼びかけたという見方が提起されている。

 検察は二つの財団への強制的な資金集めの疑惑と関連し、サムスン、現代自動車、LG、SK、CJ、ハンファの役員らを呼んで聴取した。

 しかし、役員らは朴大統領と自社トップとの面会の事実を知らなかったと説明したり、面会の内容について具体的に聞いていないと話したりしたため、検察は朴大統領を捜査する前に大企業トップに対する聴取を行うことが避けられないと判断したようだ。

 検察は大企業トップに対する聴取が企業のイメージ悪化を招き、経済にマイナスの影響を与える恐れがあるとして、直接聴取を行うか書面による聴取にするかを慎重に検討している。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2016年11月10日 13:22
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
「ミナリ」ゴールデングローブ受賞
文大統領が演説で日韓関係に言及
コロナ感染者2日連続300人台
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
伝統家屋「韓屋」の歴史館1日開館
「5G」加入者 1300万人に迫る
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
韓国11月までにコロナ集団免疫目標
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
コロナ防疫レベル2週間据え置き
週間アクセスランキング
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]