韓国旅行「コネスト」 <インタビュー>BIGBANGなど育てた韓国芸能企画会社YG代表ヤン・ヒョンソク氏。韓国の芸能ニュース
KONEST

<インタビュー>BIGBANGなど育てた韓国芸能企画会社YG代表ヤン・ヒョンソク氏

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
韓国大手芸能事務所「YGエンターテインメント」のヤン・ヒョンソク代表の執務室はソウル合井洞(ハプチョンドン)社屋最上階の7階にある。執務室前の広いベランダに立つと漢江(ハンガン)の流れが気持ちよく見下ろせる。社屋を初めて建てた時、周辺は江辺(カンビョン)北路横の古くひっそりとした住宅街に過ぎなかった。YG社屋が入ってから周辺の風景も急速に様変わりしている。最近、麻浦区(マポグ)はYGと協約を結んで「合井洞(ハプチョンドン)一帯を韓流観光中心地に育てる」という青写真を明らかにした。21日に会ったヤン代表は「会社が大きくなりすぎて本社以外7カ所にスタッフが散らばっている」とし「本社横に新社屋を作る計画」と話した。合井洞が「YGタウン」として生まれ変わろうとしている。

ヒップホップに夢中になったダンサー出身で、1992年にソテジワアイドゥルでデビューしたヤン代表はことし創立20周年を迎えた「国家代表」芸能企画事務所の首長として指揮を執っている。名刺に書かれた肩書は二つだ。「会長・代表プロデューサー」。「会社の中だけで会長と呼ばれています。外で会長と呼ばれるとむずむずします。気軽に呼んでください。ヤン・ヒョンソク氏でもいいですよ」。このように話し始めたヤン代表は、2時間半の間、よどみなく話を続けた。成功したプロデューサーらしく、「人生が楽しく幸せだ」という言葉をしばしば口にした。

--ことし創立20周年を迎えた。

「それまで白鳥のように働いた。水面では優雅に、水面下では足を一生懸命かいていた。がむしゃらに仕事することにかけては負けない自信がある。YGはこれまで一度も下がることなく緩やかに成長した。来年の成果をことしの2倍出さないといけないとは考えない。大きくリスクは取らず会社を安定して育てたい。『YGファミリー』として出発したが今は企画事務所の関係者だけで400人余りにもなる。YGフーズなど他の事業群まで合わせると1000人ぐらいなる。これら全てを包括する言葉を考えなければならない時が来たようだ」

--会社成長の秘訣があるとするなら。

「アップグレードだ。変化しなければ退屈でつまらなく思う私の性格そのままにYGを作った。Fin.K.L(フィンクル)やS.E.Sが人気を絶頂だった時にボーカル中心のBig mama(ビッグママ)をデビューさせた。BIGBANGもデビュー序盤には多くの批判を浴びた。あんな子供たちをアイドルグループと言うとはヤン社長の目がどうにかなったのではないかと。最近デビューしたBLACK PINKの人気も同じだ。YGスタイルの音楽を追求する美しいガールズグループだから新しいではないか。新しさがYGの競争力だ」

--事業多角化が目につく。

「化粧品、フード、ファッションなど、既存のYGコンテンツと遠くない事業だ。歌手が舞台に立つ時に服を着てメーキャップする。米国のヒップホップミュージシャンであるカニエ・ウエストも衣類事業をしている。他の米国歌手も同じだ。歌手が音楽を表現する時、すべて商品化できる分野だ。(事業多角化を)しないのは愚かなことだ」

--BIGBANGはことしデビュー10周年だ。

「序盤の目標値の半分は来たと思う。長く続くグループを作りたくてBIGBANGを作り、10年間活動するのが一次的な目標だった。デビュー当時には男性アイドルグループの寿命が3~5年だった。最近、再結成公演をしたSechsKies(ジェクスキス)の舞台を見ながらBIGBANGの10年後を考えた。解散して16年も経つのに2万人のファンが彼らを忘れることなく音楽を共有する姿を見て、BIGBANGもあと10年は十分に活躍できるという希望を持った」

--BIGBANGメンバーの軍入隊に対する懸念の声も大きい。

「私は軍入隊リスクを一番小さく見る人間だ。昨年世界的に人気を獲得したBIGBANGの『MADE』アルバムも3年ぶりに出たものだ。BIGBANGが一瞬を過ぎゆくアイドルだったら軍入隊を心配するかもしれないが、彼らは違う。メンバーの才能は軍隊行ってきても消えないものだ。俳優たちのように、軍隊から帰ってきたらもっと成長して成熟して時代に合う音楽を作り世に出すだろう」

インタビュー途中、文字メッセージが途絶えることはなかった。ちょうどBIGBANGのメンバーのT.O.P(トップ)が送ったメッセージだった。要約すると「兄さん(ヤン代表のこと)の子供として申し訳ない。また同時に愛している」という内容だった。一字一句声に出して読み上げたヤン代表は「歌手は子供のようなものだ」として笑顔を浮かべた。

--CEOとしてどんなリーダーシップを目指しているか。

「『ノータッチ』だ。最近、アーティストからプロデューサーに転向したユ・ヒヨルさんにも『絶対に音楽に干渉するな。後から質問されたことだけを助けるように』と忠告した。アーティストが持つ感性を傷つけてはいけないと考えている。彼らと私は育ってきた環境も違いジェネレーションギャップもあり、そこから出てくる音楽的結果物も違う。BIGBANGの場合、私が関与する比率は10%前後に過ぎない。私の仕事はソテジワアイドゥル時代からスタートしてプロデューサーとして20年間やってきた私の経験からアーティストを支えることだ。経験ほど安全な保護策はないと思う」

--その経験を基に歌謡界に助言するとすれば。

「放送局の音楽ランキング番組が変わらなければならない。ソテジワアイドゥルで活動していた時と比べると、番組の質は同じで待遇は悪化している。放送局は舞台など製作環境に全く投資しない。視聴率は愛国歌水準だ。芸能企画事務所・歌手のやり方を型にはめるための番組だ。YGの歌手をランキング番組に週1回だけ出演させるのはこのためだ。音源収益も創作者がもっともらっていいと思う。流通会社が甲でコンテンツ製作者が乙という構造だ。韓国中心に活動している歌手の状況はもっと厳しい。創作者に収益をもっと還元してこそさらに良いアーティストが生まれる」

--番組でもっとアーティストを見たいというファンの不満もある。

「もしYGの歌手がランキング番組に登場して人気が出るならひざまずいても出演させるだろう。ファンを満足させる他の広報方法を考えている。1年ほど温めているプランを近く発表する考えだ」

--アーティストを発掘する時に何を一番最初に見るか。

「(JYP代表の)パク・ジニョンさんはいい人を最も重視するというが私は反対だ。優先順位をつけるなら才能ある人、一生懸命する人、いい人の順だ。20年間プロデューサーとして仕事をしているうちに、ひよこの雄と雌を瞬時に区分する『ひよこ鑑定士』のように大衆の中から一瞬でスターを見分ける目が培われたようだ」

--ことしアイドル産業も20周年を迎えた。

「アイドルも進化し続けている。産業的な側面からアイドル育成システムについて言えば世界的に韓国ほどの国はない。20年間競争してここまで来た。人気のある韓流コンテンツを作るのに貢献したのではないかと思う」
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2016年09月26日 13:54
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
「ミナリ」ゴールデングローブ受賞
文大統領が演説で日韓関係に言及
コロナ感染者2日連続300人台
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
伝統家屋「韓屋」の歴史館1日開館
「5G」加入者 1300万人に迫る
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
韓国11月までにコロナ集団免疫目標
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
コロナ防疫レベル2週間据え置き
週間アクセスランキング
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]