韓国旅行「コネスト」 「2014年・世界水素エネルギー会議」光州で開催。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

「2014年・世界水素エネルギー会議」光州で開催

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
水素エネルギーの未来について話しあう国際シンポジウムが全羅南道光州市(チョンラナムド・クァンジュシ)で開催される。

光州市は17日「オーストラリア・ブリスベンで開かれている世界水素エネルギー会議(WHCE)の理事会が、2014年・第20回会議の開催地に光州を選んだ」と発表した。

WHECは、水素エネルギーや燃料電池分野を扱う世界的な学術シンポジウムで、韓国での開催は初めてだ。2014年の同会議誘致には、光州のほか、米国のフェニックス、イギリスのロンドン、南アフリカ共和国のケープタウン、ブラジルのサンパウロ、シンガポールなど6カ国8都市が競合した。

崔鍾晩(チェ・ジョンマン)誘致団長は「水素エネルギー会議の誘致は、原油高騰により新・再生エネルギーへの関心が高まる中で達成されただけに、非常に有意義」であり、「新・再生エネルギーの育成事業に活力を与えることになるだろう」と述べた。

同市は、同会議を機に水素エネルギーと燃料電池関連産業への関心が高まり、地域関連産業が芽生える契機になるだろうと期待している。また新・再生エネルギーに関する世界レベルの最新情報が韓国内に提供されるようになるだろうともみている。

市は同会議を関連分野の専攻者と国内外の新・再生エネルギー関連企業が多数参加する「国際エネルギーに関する学術の祭典」にする計画だ。2014年6月15日から6日間にわたって行われる同会議には約2000人にのぼる学者と業界関係者が参加する予定で、広報効果とともに地域経済に及ぼす効果も大きいものと予想される。

市の分析によると、同会議の誘致で、47億ウォン(約4億7000万円)にのぼる直接的な生産誘発効果と39億ウォンの間接的な生産誘発効果など86億ウォンの生産誘発効果が期待できるという。また地域のコンベンション産業が跳躍できる転機になるものと予想されている。これまで光州市は、国際美術展「光州ビエンナーレ」などを開催したことはあるが、大規模な国際学術シンポジウムは今回が初めてだ。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2008年06月18日 11:43
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
「ミナリ」ゴールデングローブ受賞
文大統領が演説で日韓関係に言及
コロナ感染者2日連続300人台
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
伝統家屋「韓屋」の歴史館1日開館
「5G」加入者 1300万人に迫る
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
韓国11月までにコロナ集団免疫目標
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
コロナ防疫レベル2週間据え置き
週間アクセスランキング
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]