韓国旅行「コネスト」 「韓国人の米牛肉の不信を非難できない」。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

「韓国人の米牛肉の不信を非難できない」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する

ワシントンポスト(WP)、ニューヨークタイムズ(NYT)など米国の有力日刊紙が韓国内の米国産牛肉輸入反対の情緒を理解しているという社説とコラムを相次いで掲載した。特に、WPは社説で韓米自由貿易協定(FTA)を生かすために、米国行政府が牛肉の追加交渉について、韓国を積極的に援助すべきだと促した。

WPは14日(現地時間)、“ソウルの牛肉についての不満”と題する社説で「韓国人の反応が非理性的だというのは疑問の余地がないが、中国産玩具の鉛のペイントやチリ産のブドウを恐れるなど各種輸入品が原因となり生じる米国人の心理的な恐怖状態と大差ない」と主張した。米当局は1989年、テロリストが撒いた青酸カリに汚染されているかもしれないと誇張した疑いによってチリ産のブドウ200万本を差し押さえ、処分したことがあるという。WPはこのような例を挙げながら「北朝鮮とは違い、貧困や病気にさらされていない韓国は小さな健康上の危険に対しても敏感な反応を見せることもある」とし「米国人のように韓国人も時々、恐慌状態に陥る権利がある」と報じた。

これに先立ち、プリンストン大学のポール・クルーグマン経済学科教授は13日、NYTに掲載したコラムで「牛肉問題は韓国の自尊心と結びついてしまった」とし「韓国の自尊心が米国の下手な外交政策により侮辱された」と分析した。これとともに、クルーグマン教授は「米国の牛肉に対する不信は合理的でないが、それでも韓国人を非難するのは難しい」と評価した。

またクルーグマン教授は「牛肉業界を待遇しようとする農業部の配慮が逆効果を引き起こし、外国の需要者が米国の安全措置を信じないようになった」とし「効率的な規制に失敗すれば、消費者ばかりでなく事業にも悪影響を与える」と強調した。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2008年06月16日 08:11
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
I.O.I 約束通り5周年に再集結
テミン、5月31日に軍楽隊入隊へ
韓国の新規コロナ感染者549人
5月から世界のマックでBTSコラボ
Apinkがデビュー10周年
俳優パク・チュンフン飲酒運転で送検
ソウルで設立10周年の記念写真展
チェ・テジュン来月18日服務終了へ
昨年のアサヒビール輸入額が7割減
韓国ラッパーのイ・ヒョンベさん死去
週間アクセスランキング
女優カン・ソラ 第1子女児を出産
21.04.15
パクソジュンら主演映画クランクイン
21.04.16
パク・ソジュン10周年ファンミ開催
21.04.15
韓国政府が「特別旅行注意報」再延長
21.04.16
JYPがオーガニック化粧品に出資 
21.04.16
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]