韓国旅行「コネスト」 <インタビュー>脚本家チェ・ワンギュ、日本市場狙いドラマ執筆。韓国の芸能ニュース
KONEST

<インタビュー>脚本家チェ・ワンギュ、日本市場狙いドラマ執筆

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【長崎10日聯合】脚本家のチェ・ワンギュさんは、国内のドラマ作家の中で現在最も忙しい人物といわれる。ドラマ「朱蒙」の台本を手掛けたほか、イ・ビョンホン主演ドラマ「アイリス」をはじめさまざまなドラマの台本作業にもクリエーターとしてかかわっている。長崎県で10日に開催されたアジアのテレビドラマ脚本家らによる「第3回東アジア放送作家カンファレンス2008」に出席中のチェさんにインタビューしたが、その最中もひっきなしに仕事の電話は鳴り続けた。

そうしたチェさんが同日夜もホテルの部屋で執筆に取り組んでいるというのが、制作費120億ウォンの大作ドラマ「ヒドゥン」だ。台本を直接執筆するのは「朱蒙」以来。1960年代の大阪を舞台に在日韓国人の人生を描くドラマで、ドラマ 「オールイン 運命の愛」のユ・チョルヨン監督とのコンビで全24回、来年初めにSBSで放送を開始する予定だ。キャスティングも進んでおり、下半期からは日本や東南アジアで撮影を開始する。

このドラマは特に日本への販売を念頭に置いている。企画段階から意図的に海外市場を狙い執筆するのはこれが初めてだが、制作費が巨額なため、日本市場の購買力を前提にしなければ制作そのものが難しいとチェさんは話す。

執筆に至った過程については、「米映画『ゴッドファーザー』シリーズや『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』などが好きでこうしたドラマを書きたかったが、われわれの情緒ではうまくいかなかった。1960年代の日本という空間なら、わたしが望んでいた感覚を盛り込めると考えた」と答えた。

このほか、台本作業にかかわるドラマについて説明した後、韓流についても意見を聞かせてくれた。韓国で面白いドラマは海外でも楽しんでもらえるが、この間に面白くないドラマまで販売された結果、海外の視聴者を失望させた部分があるという。コンテンツの質が伴ってこそ韓流が維持されると話している。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2008年06月11日 18:28
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
ポン・ジュノ監督、米憎悪犯罪に言及
サムスン電子が大規模な中途採用実施
BTS日本曲ビルボードチャート入り
JYPが手がけるITZYの新曲
韓国の新規コロナ感染者731人
失業率悪化も、就業者数はプラスに
韓国女子サッカー東京五輪出場ならず
ソウル市長 政府と異なる防疫措置
スター着用衣装など 韓服展示会開催
ユン・ヨジョン、授賞式前に思い語る
週間アクセスランキング
ソウル市 月2で肉無し学校給食
21.04.08
ソウルの新市長にオ・セフン氏が当選
21.04.08
LINE ジスとキャラクター開発
21.04.09
12日から屋内でマスク常時着用
21.04.12
BTS17日にイベント無料配信
21.04.12
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]