韓国旅行「コネスト」 梅雨が明け8月中旬まで猛暑と熱帯夜続く。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

梅雨が明け8月中旬まで猛暑と熱帯夜続く

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
梅雨が明け本格的な猛暑が始まる。気象庁は30日、「午前まで影響を与えた梅雨前線が北上して弱まり、北太平洋高気圧の端に入る」と明らかにした。これにより当分は猛暑と熱帯夜が繰り返され、蒸し暑く湿っぽい天気が続く見通しだ。大気が不安定になり地域によっては夕立が降る所も多い。

来月の気温は平年と同水準か高くなるものとみられる。気象庁は「内陸地域を中心に昼間の気温が30度前後に上がり蒸し暑くなり、夜間に25度以上の気温が維持される熱帯夜現象も続くだろう」と明らかにした。来月中旬まで猛暑と熱帯夜が繰り返され暑さがピークに達する。中旬以降は平年の気温を取り戻すとみられるが、来月後半には残暑が再び訪れ9月まで続きそうだ。

この日気象庁は大邱(テグ)、光州(クァンジュ)、大田(テジョン)、蔚山(ウルサン)、済州(チェジュ)と、慶尚南道(キョンサンナムド)、慶尚北道(キョンサンブクド)、全羅南道(チョンラナムド)、全羅北道(チョンラブクド)の市・郡40カ所に猛暑警報を発令した。慶尚南道陜川(ハプチョン)は昼間に一時36.4度、慶尚北道永川(ヨンチョン)は36.1度を記録した。ソウルでは26日に解除された猛暑注意報が4日ぶりに再発令された。

気象庁は31日の全国の昼間の最高気温を27度から35度と予想した。大邱は34度、ソウルは33度の見通しだ。全国的に雲が多く、京畿道(キョンギド)東部、江原道(カンウォンド)嶺西(ヨンソ)、忠清道(チュンチョンド)、慶尚道内陸部は午後になり所により5~30ミリの雨が予想される。気象庁は「雨が降る地域では強風とともに雷が伴う所もあるため安全事故に留意してほしい」と呼びかけている。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2016年07月31日 11:01
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国、ワクチンパスポート導入慎重に
ソウル市の人口が1千万人以下に
ピクサー、韓国おばあさん主題アニメ
APRIL「メンバー間いじめ」論争
オリンピック公園にKPOPスタジオ
新規コロナ感染者数444人
アストラゼネカ 高齢者への接種検討
「ザ現代ソウル」に瑞典SPA1号店
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
コロナ終わった?3連休で各地賑わう
週間アクセスランキング
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
3月から留学生健康保険の加入義務化
21.02.26
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
21.03.01
ネトフリ韓国コンテンツに巨額投資
21.02.25
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]