韓国旅行「コネスト」 ソウル都心で楽しむ夏の休暇はどんな姿だろうか。韓国の旅行ニュース
KONEST

ソウル都心で楽しむ夏の休暇はどんな姿だろうか

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
会社員キム・ジンスさん(27)は休暇中の週末を漢江(ハンガン)公園で過ごすことにした。昨年の「漢江サマーフェスティバル」での良い思い出のせいだ。彼は「よくできたプログラムが多く、期待以上だった」として「今年は『漢江橋の下の映画祭』と街頭公演を見るつもり」と話した。

キムさんのように「都市の避暑」を計画する人たちのためにソウル市が多様なプログラムを用意した。纛島(トゥクソム)漢江公園では今月30日から来月15日まで「スライド・ザ・シティ」行事が開かれる。高さ10メートル、長さ150メートルの超大型ウォータースライダーを乗ってスリルを満喫できる。来月13~14日には新村(シンチョン)の延世路(エンセロ)一帯に長さ120メートルのウォータースライダーが設置される。29日から来月7日まで東大門(トンデムン)のデザインプラザ(DDP)は水遊びフェスティバル会場に変身する。DDP内にプールやウォータースライダーなどが設置される。

30日に実施される「漢江ナイトウォーク42K」は夏の夜歩き行事だ。龍山区二村洞(ヨンサング・イチョンドン)の漢江大橋から出発して江東区千戸洞(カンドング・チョンホドン)の広津橋(クァンジンギョ)まで歩いて漢江の夜景を楽しめる。42キロ、25キロの2種類のコースがある。来月6日には異色のマラソン大会「エレクトロダッシュ(Electrodash)」が汝矣島(ヨイド)漢江公園で行われる。

文化行事も豊かだ。来月12~14日には汝矣島の漢江公園で布団をかけて横たわって映画を楽しむ「漢江布団映画祭」が開かれる。来月20日まで行われる「漢江橋の下の映画祭」は入場無料だ。千戸(チョンホ)・清潭(チョンダム)・元暁(ウォニョ)・城山(ソンサン)大橋の計4カ所の橋の下で毎週土曜日午後8時から始める。来月6~7日には盤浦(バンポ)漢江公園一帯で「ひと夏の夜のジャズ」イベントが開かれる。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2016年07月29日 14:30
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
2032年南北五輪へ「努力続ける」
ネトフリ韓国コンテンツに巨額投資
大型アップルストア汝矣島にオープン
コロナ感染者 再び400人下回る
T-ARAジヨン殺害脅迫受け捜査求
元X1スンヨン、自作曲で来月カムバ
韓国ワクチン第1号接種者はだれ?
移送中に適正温度外れ、ワクチン回収
コロナが変えた なりたい職業1位
ジェニーとGDに熱愛報道 
週間アクセスランキング
国民7割 コロナワクチン「接種」
21.02.19
気分だけでも日本旅行 チェジュ航空
21.02.22
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
映画「ミッションポッシブル」が首位
21.02.19
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]