ついにビザなし入国再開でK-ETA手続きが必須に!
韓国旅行「コネスト」 韓国の鬼才キム・ギドク監督、劉亦菲出演の中国映画でメガホン 巨額の製作費が話題に。韓国の芸能ニュース
KONEST

韓国の鬼才キム・ギドク監督、劉亦菲出演の中国映画でメガホン 巨額の製作費が話題に

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
韓国のキム・ギドク監督と、俳優ソン・スンホンとの交際で注目を浴びている中国人気女優の劉亦菲(リウ・イーフェイ)が映画を一緒に撮ることになった。

キム・ギドク監督と劉亦菲は製作費400億ウォン(約37億円)規模の中国映画で共同作業する予定だ。21日、映画製作会社と最終契約書に印鑑を押した。

同作はアジア古代王国の宗教をめぐる戦争と愛の物語を描いた映画だ。キム・ギドク監督がメガホンを取り、劉亦菲はヒロインを熱演する。

映画関係者は「キム・ギドク監督の初の中国商業映画に劉亦菲がキャスティングされた」とし「事前ミーティングを通じてさまざまな話が行き来した。撮影準備に入る予定」と伝えた。

キム・ギドク監督が初の中国商業映画で劉亦菲と息を合わせるという点で韓国・中国だけでなくキム監督の海外ファンも多くの関心を持つものと見られる。

一方、1996年映画『鰐~ワニ~』で監督デビューしたキム・ギドク監督は『メビウス』『嘆きのピエタ』『春夏秋冬そしてハル』などを通じてその演出力を認められた。また、数多くの海外の授賞式で受賞し、世界映画関係者の注目を浴びている。キム・ギドク監督は2012年第69回ヴェネツィア国際映画祭で『嘆きのピエタ』で金獅子賞に輝いた。

劉亦菲は北京電影学院を卒業した後、2002年ドラマ『華の家族』でデビューした。ドラマ『天龍八部』で王語嫣役を演じて人気女優の座を獲得した。韓国俳優ソン・スンホンの恋人としても広く知られている。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2016年07月23日 16:36
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
中国人へのビザ発給制限 早期解除を
未成年の酒接待 日本アニメ行政指導
日本人初 インスタ1000万人突破
孫興ミン「アジアバロンドール」受賞
韓国文化財登録の花瓶 日本製だった
外国人の「爆買い」復活へ=韓国
韓国大田市 清州~札幌間路線を提案
韓日関係 「過去に執着せず未来へ」
SMエンタ 創業者の体制転換
新韓銀行の頭取 就任1カ月で辞意
週間アクセスランキング
江南都心空港ターミナルが閉業
23.02.02
日韓市民がマスクを外さない理由
23.02.03
「イカゲーム」俳優わいせつ行為否認
23.02.03
4日にソウル各地でデモ 渋滞予想
23.02.03
SMエンタ プロデュース体制転換
23.02.03
COPYRIGHT ⓒ 2023 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]