韓国旅行「コネスト」 <米輸入牛肉問題>米大使「牛肉発言、韓国国民に不快感与え遺憾」。韓国の政治ニュース
KONEST

<米輸入牛肉問題>米大使「牛肉発言、韓国国民に不快感与え遺憾」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
アレクサンダー・バーシュボウ駐韓米大使は5日、米国産牛肉の輸入問題に関する声明を発表し、「私の発言が一部の韓国の国民に不快感を与えたことを遺憾に思う」と述べた。

バーシュボウ大使は「私は韓国国民の教育水準が非常に高いことをよく知っている。韓国国民の食品安全への憂慮を尊重する」と述べ「韓国の人々の不安を解消し、米国産牛肉の安全性に対する信頼を高めるために最善を尽くしている」と強調した。

バーシュボウ大使は3日、柳明桓(ユ・ミョンファン)外交通商部長官と面談した後、記者らと懇談し、告示の官報掲載延期など韓国政府の措置について「失望した。米国は、韓国人が米国産牛肉についての科学と事実をもう少し学習することを願っている」と発言した。

バーシュボウ大使は5日午前、国会でハンナラ党の姜在渉(カン・ジェソップ)代表と面会し「再交渉だけが唯一の解決法ではない。方法は違うかもしれないが、それによって得られる結果は再交渉と同じものになるように努力する」と話した。

バーシュボウ大使は「韓国と米国のような先進国間の協定であるだけに再交渉は難しい」と再交渉が事実上不可能であることを繰り返し確認しながらも、「韓国国民の懸念が高まっていることを知り、米政府がどのように解決するかについて再び協議を始めた」と付け加えた。

バーシュボウ大使は「牛肉問題は韓国国民の健康だけではなく、政治および文化的な問題になっていて、事態がどれほど深刻なのかをワシントンに伝えている」と述べ、「生後30カ月以上の牛肉が輸入されないようにするパッケージ政策にはさまざまな政策が含まれる。解決策を見いだせるよう努力する」と付け加えた。



COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2008年06月06日 07:35
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国の新規コロナ感染者542人
政府 コロナへの特別対策を策定
韓国製薬社 ワクチン臨床試験に着手
NU'ESTが7年ぶりフルアルバム
ロゼ 二つのギネス世界記録認定
新型コロナ流行の「第4波」警告
イ・ジュニク監督新作 週末興行1位
BTS17日にイベント無料配信
12日から屋内でマスク常時着用
ユン・ヨジョン英アカデミー賞受賞
週間アクセスランキング
女優オム・ジウォン、結婚7年で離婚
21.04.07
ハ・ジウォンが画家に すでに売却も
21.04.07
ソウル市 月2で肉無し学校給食
21.04.08
ソウルの新市長にオ・セフン氏が当選
21.04.08
LINE ジスとキャラクター開発
21.04.09
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]