韓国旅行「コネスト」 歴代韓国人メジャーリーガーの事件・事故は?。韓国のスポーツニュース
KONEST

歴代韓国人メジャーリーガーの事件・事故は?

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
1994年の朴賛浩(パク・チャンホ)をはじめ、米国舞台に進出した韓国の野球選手は計65人。人数が多い分、事件・事故も続いた。

朴賛浩はLAドジャース所属だった1999年、相手投手を蹴って7試合出場停止処分および3000ドルの罰金が科された。アナハイム・エンゼルス戦で朴賛浩が投手前に犠牲バントをして一塁に走る時、相手の先発投手ティム・ベルチャーが不必要に長く胸にタッチして刺激した。両選手の語調が高まり、人種差別的な暴言だと感じた朴賛浩は怒りをこらえられず跳び蹴りを放った。最近、米スポーツ専門紙スポーティングニュースが選定した「最も興味深いベンチクリアリングTOP20」でこの事件が20位に入った。

シカゴ・カブス傘下のマイナーリーグにいた柳済国(リュ・ジェグク、LG)は2003年、「ミサゴ事件」で米メディアに取り上げられて苦労した。投球練習中に保護動物のミサゴに向かってふざけてボールを投げ、ミサゴが死んだからだ。柳済国はフロリダ州地方法院から100時間の社会奉仕命令を受けた。

秋信守(チュ・シンス、テキサス)はクリーブランド所属だった2011年、血中アルコール濃度0.201の泥酔状態で運転し、警察に摘発されて逮捕された。許容値の2倍以上だった。結局、罰金675ドル、執行猶予27日という宣告を受けた。6カ月の免許停止処分も受けたが、出退勤の運転だけは許された。

LG所属の奉重根(ボン・ジュングン)はシンシナティ傘下シングルAにいた2005年、家庭暴力容疑が浮上した。当時、現地メディアでは「奉重根が妻の首をしめた」という報道があった。奉重根は警察に逮捕されたが、2日後に保釈金なく釈放され、社会奉仕命令などいかなる処分も受けなかった。

またLAエンゼルスから最近ウェイバー公示されたチェ・ジマンは、2014年に禁止薬物服用容疑で50試合出場停止処分を受けた。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2016年07月07日 15:37
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者2日連続400人超
ワクチン初日に1万8489人が接種
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
「KCON:TACT3」出演者決定
1月の映画観客数と売上高 過去最低
新型コロナワクチン韓国で接種始まる
コロナ防疫レベル2週間据え置き
2032年南北五輪へ「努力続ける」
ネトフリ韓国コンテンツに巨額投資
週間アクセスランキング
気分だけでも日本旅行 チェジュ航空
21.02.22
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
INFINITEのエル海兵隊に入隊
21.02.22
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]