韓国旅行「コネスト」 <米輸入牛肉問題>政府、世論に押され急旋回。韓国の政治ニュース
KONEST

<米輸入牛肉問題>政府、世論に押され急旋回

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
政府が米国側に牛肉輸入再交渉を打診しているのは、最近の状況を重く受けとめているからだ。これまで再交渉が難しいという立場を明らかにしてきたが、国民の要求が大きいだけに「できるところまではやってみる」ということだ。

そのため、印刷まで終えた官報を回収し、輸入衛生条件の掲載を遅らせた。いったん官報に掲載してしまえば法的効力が発生し、再交渉への道がさらに遠くなるからだ。しかし官報掲載を先送りしたことによって、当分同条項に縛られずに済む。取り急ぎ時間稼ぎをしたわけだ。

しかし通商の慣例上、官報掲載を延期したままにはできない。早期に解決策を見いださなければならないということだ。最も大きな問題は政府が望んだからといって交渉のやり直しが実現するものではないという点だ。米国が韓国の「再交渉要請」を拒めばほかに方法はない。

金大園(キム・デウォン)ソウル市立大教授は「交渉やり直しの決め手は、米国が韓国の政治的状況をどれだけ考慮してくれるかだ」と話している。米国次第だというわけだ。また米国が再交渉のテーブルに着くからといって、問題がすべて解決されるわけでもない。

政府は議論となった月齢30カ月以上の牛の肉の禁輸を要請するものとみられる。しかし米国がすでに署名した交渉を譲るかは不透明であり、譲歩する場合、ほかのものを追加で要求してくる可能性もある。

万が一交渉がこじれた場合、国内の世論を鎮めることができなくなり、国際社会でも厳しい立場に置かれるかもしれない。西江(ソガン)大学の許允(ホ・ユン)国際大学院教授は「官報掲載を延期して再交渉に触れる場合、国際社会での信頼度や韓米自由貿易協定(FTA)批准などに悪影響を与えうる」と懸念している。

COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2008年06月03日 08:57
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国アイドル 1億人を動かす影響力
スーバージュニア 遂に新音盤発売
住居価格高騰で「脱ソウル」ラッシュ
Rain、結婚5年目を打ち明ける
「ミナリ」 公開初日に動員数1位
新規コロナ感染者数424人
俳優ジス 過去の暴力への謝罪文掲載
韓国20代、史上最悪の就職氷河期
家飲み増加でワイン輸入が過去最高
韓国、ワクチンパスポート導入慎重に
週間アクセスランキング
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
21.03.02
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
21.03.01
3月から留学生健康保険の加入義務化
21.02.26
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]