韓国旅行「コネスト」 朴大統領「恐竜、変化に適応できず絶滅した」。韓国の政治ニュース
KONEST

朴大統領「恐竜、変化に適応できず絶滅した」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
朴槿恵(パク・クネ)大統領が14日「公共機関が設立の目的に合うよう核心業務に集中しているかを見回して、不必要な機能や核心から外れた業務は縮小するか廃止してもっと上手くやれる機関に再配置しなければならない」と話した。

この日の午前、ソウル世宗路(セジョンノ)の政府ソウル庁舎で主宰した「2016公共機関長ワークショップ」でのことだ。朴大統領が公共機関長ワークショップを主宰したのは2014年に続き2回目だ。朴大統領は「民間がもっと上手くやれる分野は委譲して、独占の弊害がある部門は障壁を取り払って競争を誘導し、これ以上持続する必要がない機能は果敢に廃止しなければならない」と強調した。

「神の職場」と呼ばれる公共機関の組織文化を成果中心に変え、機能調整を通じて新産業の投資、雇用創出の効果を上げるという朴大統領の強力な意志が反映されたものだと青瓦台(チョンワデ)関係者は説明した。朴大統領は特に「エネルギー分野は民間部門が十分に発展したにもかかわらず、さまざまな公共機関が重複投資や慢性的な不良によって莫大な財政負担を引き起こすので機能調整が必要だという指摘がこれまで多くあった」と話した。

朴大統領はこの日のワークショップで「私たちが進むべき改革の道はまだ終わっていない」「公共改革は最後まで行くという覚悟で推進することを願う」としながら労働・公共・教育・金融など4大改革の完遂への強い意志を表わした。朴大統領は「4大部門の改革を支障なく完成して経済の体質を改善し、その成果を国民が体感できるようにしなければならない」として「最後の終止符を打つ瞬間まで初心を失わずに全力を注ぎ込むよう願う」と要請した。

朴大統領は「一部では『成果年俸制が競争をあおり低成果者を退出させる武器に悪用される』としながら反対するが、これを受け入れられないというのは国民の立場から見れば既得権を守ることと変わらない」としながら成果年俸制の導入に反対する労働界を批判した。

朴大統領はワークショップ討論で公共機関長に「改革の対象ではなく改革の主体」として「恐竜は図体が小さいからではなく変化に適応できなくて絶滅した。一方で小さな生命体は環境にうまく適応して進化して生き残った」と説明した。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2016年06月15日 14:33
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
「ミナリ」ゴールデングローブ受賞
文大統領が演説で日韓関係に言及
コロナ感染者2日連続300人台
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
伝統家屋「韓屋」の歴史館1日開館
「5G」加入者 1300万人に迫る
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
韓国11月までにコロナ集団免疫目標
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
コロナ防疫レベル2週間据え置き
週間アクセスランキング
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]