韓国旅行「コネスト」 ウイスキー市場 地場ゴールデンブルー独り勝ち=韓国。韓国の経済ニュース
KONEST

ウイスキー市場 地場ゴールデンブルー独り勝ち=韓国

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】長引く不況と飲酒文化の変化の影響で縮小が続く韓国のウイスキー市場で、韓国ブランドの「ゴールデンブルー」が勢力を伸ばしている。消費者の好みの変化への素早い対応と差別化が成功の鍵とされる。

 「ゴールデンブルー」は南部の釜山に本社を置く新興メーカー、ゴールデンブルーが2009年末に発売し、6年連続で販売量を伸ばしている。初年度に0.1%だったシェアは、12年が2.8%、13年が6.6%、14年が10.8%、15年が16.1%と急拡大した。

 全体のウイスキー市場は08年をピークに7年連続でマイナス成長を記録している。リーマン・ショック後の不況、アルコールの楽しみ方や飲み会の文化の変化などが影響し、アルコール度数の高いウイスキー離れが進んでいるためだ。販売量は08年に比べると40%近く減少した。

 市場の主流は欧州系で、最大手ディアジオコリアのシェアは38.9%、2位のペルノ・リカール・コリアは25.3%と2社が過半を占めるが、販売量はいずれも減少している。

 ゴールデンブルーの「独り勝ち」の要因として、消費者の好みの変化を正確に読み取り、いち早く製品に反映させた点が挙げられる。消費者が健康志向から低アルコールを好むようになると、業界で初めて36.5度のアルコール度数が低いウイスキーを発売した。

 オーナー経営者のスピーディーな意思決定と差別化も成長を加速させた。12年には熟成年数を表記しないノンエイジのウイスキーを発売。消費者は「韓国人の味覚に合わせるため、さまざまな原液をブレンドした」と支持した。 

 さらに最近、20~30代の若者をターゲットに、韓国で初となる無色透明なブレンデッドウイスキーを発売した。下半期はこれをはちみつ風味などにしたフレーバードウイスキーですそ野拡大を狙う。

 ウイスキー産業の発展と競争力強化に向け、ゴールデンブルーは中長期的に、韓国でウイスキーの原液の蒸留、貯蔵、瓶詰めまで行う完全な韓国産ウイスキーの開発に着手する方針だ。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2016年06月07日 13:32
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国ビール「TERRA」の輸出開始
韓国の新規コロナ感染者635人
ブラックピンク 来月ライブCD発売
ワクチン休暇広がる?大企業が検討中
大手事務所サイダスHQ代表が辞任へ
韓国の新規コロナ感染者511人
済州航空・機内食カフェがオープン
BoAの兄が腹膜がんを告白
海外で韓国のチョコパイが人気
電動キックボード 原付き免許必要に
週間アクセスランキング
女優ホン・スヒョン 一般男性と結婚
21.05.06
チャ・ウヌ 来月オンラインファンミ
21.05.06
海外で韓国のチョコパイが人気
21.05.11
済州航空日本線の取消変更1回無料に
21.05.07
ユン・ヨジョン 8日に凱旋
21.05.07
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]