韓国旅行「コネスト」 病気のない暮らしのために献身した「アジアのシュバイツァー」。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

病気のない暮らしのために献身した「アジアのシュバイツァー」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
李鍾郁(イ・ジョンウク)元世界保健機関(WHO)事務局長の10周忌の追悼式が24日にジュネーブの国連欧州本部で開かれた。追悼式には李元事務局長夫人の鏑木玲子さん、マーガレット・チャンWHO事務局長、鄭鎮ヨプ(チョン・チンヨプ)保健福祉部長官ら50人余りが参加した。

チャン事務局長は「李元事務局長は世界の感染病に苦しむ人たちのために献身し、多くの業績を残した。WHOスタッフと世界の人たちすべてが人類の健康のために努力した彼を忘れないだろう」と追慕した。

李元事務局長は韓国人で初めて国連傘下の国際機関でトップに就いた。1945年にソウルで生まれソウル大学医学部を卒業した。だが医師としての安定した地位を捨て感染病退治に身を捧げ、「アジアのシュバイツァー」という別称を得た。81年にハワイ大学大学院を卒業した後、南太平洋の西サモアの病院で働きハンセン氏病と小児まひ患者の治療に当たった。

83年にWHOと初めて縁を結び、西太平洋地域事務局疾病管理局長、ワクチン免疫局長を経て2003年にWHO第6代事務局長に就任した。しかし2006年5月22日に脳出血のため死去した。鄭長官は「病気のない暮らしを目指した故人の遺志が今後も受け継がれていることを願う」と話した。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2016年05月26日 13:13
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
女児虐待死事件 養母に無期懲役判決
BTS、米人気雑誌の表紙飾る
韓国政府が「特別旅行注意報」再延長
BTS「フレンズ」特別編ゲスト出演
新規コロナ感染者2日連続700人超
ポン・ジュノ監督 アニメ映画制作へ
パク・ソジュン主演ドラマが漫画化
コロナ自主隔離中に抜け出し実刑判決
KAISTがグローバル企業に選出
がん闘病中のBoA兄、応援に感謝
週間アクセスランキング
海外で韓国のチョコパイが人気
21.05.11
済州航空・機内食カフェがオープン
21.05.11
パク・ソジュン主演ドラマが漫画化
21.05.13
7月から新しい防疫基準を適用
21.05.12
BoAの兄が腹膜がんを告白
21.05.11
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]