韓国旅行「コネスト」 平昌冬季五輪メインスタジアム 6月末着工へ。韓国のスポーツニュース
KONEST

平昌冬季五輪メインスタジアム 6月末着工へ

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
2018年平昌冬季五輪・パラリンピックで開会式や閉会式が行われるメーンスタジアムの本工事が早ければ6月末に始まる。

平昌冬季五輪開催地の江原道は2月に完了した設計変更による行政手続きを終え、来月末に工事を開始する計画だ。国から558億ウォン(約52億円)、道から524億ウォン、平昌五輪組織委から327億ウォンなど1477億ウォンが投じられる。2017年9月の完工を目指している。

メーンスタジアムはこれまで、場所の変更や事業予算の分担、設計変更などの問題により着工時期が遅れていた。

設計変更により、収容人数は当初予定していた4万人から3万5000人に減った。施設の面積は5万8400平方メートルから5万5600平方メートルに、式典会場は8000平方メートルから7900平方メートルに縮小した。

メーンスタジアムの工事が始まれば大会準備にはずみがつくとみられるが、スタジアム周辺の土地の確保など課題も残っている。国・公有地20万3674平方メートルは事前協議により確保し、私有地4万2328平方メートルのうち、2万3601平方メートルは補償の協議を終えたものの、残りの1万8727平方メートルについては協議中だ。

道は今月末までに補償協議を終え、協議がまとまらなかった場合は、行政手続きにより確保する方針で、所有者などから反発があると予想される。

また五輪閉幕後の施設活用方法についても結論が出ていない。道が五輪終了後に施設の運用と管理を受け持ち、観覧席の一部を撤去するなどして規模を縮小して使用する方針だけが決まっている。文化、レジャー、スポーツなどの複合施設として活用する案について協議中だ。

道の関係者は「開会式の予行練習などをするためには来年9月までに会場が完成しなければならない」とした上で、予定通り完工するように全力を傾け、最適な事後活用方法を用意して五輪の遺産として残すと話した。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2016年05月22日 16:33
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
ソウルなど全国各地に黄砂危機警報 
韓国人「幸福度」コロナ第2波時最低
済州航空日本線の取消変更1回無料に
韓国の新規コロナ感染者525人
チャ・ウヌ 来月オンラインファンミ
新型コロナのセルフ検査キットを販売
Mnetサバイバル番組で感染者確認
こどもの日に株式をプレゼント?
女優ホン・スヒョン 一般男性と結婚
辛ラーメン 海外売上高が増加
週間アクセスランキング
非婚出産のサユリ息子と人気番組出演
21.05.03
女優ホン・スヒョン 一般男性と結婚
21.05.06
ソン・ジュンギ 来月7日ライブ配信
21.05.01
ワクチン接種も278人がコロナ感染
21.05.04
ワクチン接種者 きょうから隔離免除
21.05.05
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]