韓国旅行「コネスト」 エリック、2年前の負傷再発…『最強チルウ』の撮影どうなる?。韓国の芸能ニュース
KONEST

エリック、2年前の負傷再発…『最強チルウ』の撮影どうなる?

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
エリックが2006年MBCミニシリーズ『オオカミ』の撮影中、交通事故で腰をけがし、その後遺症に苦しんでいる。

エリックは最近KBS2アクション時代劇『最強チルウ』(脚本ペク・ウンチョル、演出パク・マンヨン)の撮影中、腰の痛みが再発した。

劇中、当代最高の刺客チルウ役として登場するエリックは、数回激しいアクションシーンをこなしたが、その際、ひどい腰痛を訴えた。レントゲン撮影など病院の診察の結果、頚椎が腫れていることがわかり、過度な運動を禁じるよう注意を受けた。

このため、エリックの武術アクション抜きにはありえない『最強チルウ』の収録に影響が出る見込みだ。エリックは2006年『オオカミ』撮影中、スタント車のミスでひかれ、全治8週間の負傷を負っている。そのため『オオカミ』はエリックが降板、放送も早期打ち切りという史上初の事態に見舞われた。

エリックはその後、SBS『無敵のコネ要員』MBC『ケ・セラ・セラ』などで俳優活動を再開したが、腰の負傷の後遺症からアクションシーンは慎重に臨まなければならなかった。

エリックの関係者は「痛みはあるが、できる部分までは最大限我慢しながら撮影している。6月9日の放送開始後、撮影スケジュールがタイトになったとき、痛みがひどくならないか心配しているが『最強チルウ』が入隊前の最後の作品になるだけに、最善を尽くす覚悟でいる」と伝えた。

COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2008年05月27日 14:47
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
コロナ感染者 再び400人下回る
韓国ワクチン第1号接種者はだれ?
移送中に適正温度外れ、ワクチン回収
元B.A.Pメンバーセクハラで実刑
コロナが変えた なりたい職業1位
ジェニーとGDに熱愛報道 
エアソウルが高松・米子上空巡る飛行
コロナ最前線の医療陣に賃金未払い
ヒョナ 校内暴力の疑惑を否定
済州島の人気展示館 ソウルにも開業
週間アクセスランキング
国民7割 コロナワクチン「接種」
21.02.19
気分だけでも日本旅行 チェジュ航空
21.02.22
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
映画「ミッションポッシブル」が首位
21.02.19
2,30代「ワクチン後もマスク」
21.02.19
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]