韓国旅行「コネスト」 多すぎるソウルのタクシー…2019年までに400台減車へ。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

多すぎるソウルのタクシー…2019年までに400台減車へ

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
2019年までにソウルで運行されるタクシーのうち最大400台が減車となる。ソウル市はタクシー業界の代表と労組代表ら9人で構成された第5次タクシー減車委員会(減車委)を19日に開いてこのように決めた。減車委で合意に至った減車案が出たのは今回が初めてだ。ことし9月から年末までに74台(法人タクシー24台、個人タクシー50台)を減らす。2017年には108台、2018年108台、2019年110台を縮小していく計画だ。

個人タクシー運転手や法人タクシー会社がソウル市にタクシー免許を返納すれば市が減車補償金を支給して免許を抹消させる形で減車が行われる。補償金は法人タクシー5300万ウォン(約511万円)、個人タクシー8100万ウォンと策定された。国費390万ウォンと市費910万ウォンに個別タクシー組合出資金を合わせて支給する。予算とタクシー組合出資金の限界で毎年縮小目標値を越えた時からは免許返納を希望してもできない場合がある。ソウル市関係者は「1年に個人タクシーの譲渡・譲受量は2000台を越えるので免許返納数が目標値に達しないということはないとみている」と話した。

減車期間には個別にタクシー免許を譲渡・譲受することはできない。現在、法人タクシーはソウル市が、個人タクシーは自治区が譲渡・譲受の届出処理をしているが減車期間には処理を行わないことにした。

今回の発表は、先月31日ソウル市が運行可能なタクシーの総量を6万340台と公告したことに伴うものだ。現在、ソウルのタクシーは7万2171台で適正量より1万1831台多い。ソウル市はまず400台を減らした後、再び5カ年計画を立てることにした。シン・ヨンモク・ソウル市都市交通本部長は「減車規模は大きくはないが、今回のことはソウル市が減車を始めたという象徴的な意味を持っている」と話した。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2016年04月21日 11:13
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者2日連続400人超
ワクチン初日に1万8489人が接種
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
「KCON:TACT3」出演者決定
1月の映画観客数と売上高 過去最低
新型コロナワクチン韓国で接種始まる
コロナ防疫レベル2週間据え置き
2032年南北五輪へ「努力続ける」
ネトフリ韓国コンテンツに巨額投資
週間アクセスランキング
気分だけでも日本旅行 チェジュ航空
21.02.22
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
INFINITEのエル海兵隊に入隊
21.02.22
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]