韓国旅行「コネスト」 3年間止まっていた漢江の水上タクシー、今秋再開へ。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

3年間止まっていた漢江の水上タクシー、今秋再開へ

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
セウォル号惨事直後から中断されていた漢江(ハンガン)水上コールタクシーの運行がことし9~10月中に再開される。水上コールタクシーは以前のように漢江の纛島(トゥクソム)・蚕室(チャムシル)~汝矣島(ヨイド)区間で通勤用シャトルと観光用として利用される。ただし、運行主体は清海鎮(チョンヘジン)海運から大韓民国特殊任務有功者会に変わる。

29日、ソウル市によると、清海鎮海運は2007年に市の許可を受けて特殊なボートを製作し、水上コールタクシーとして使用した。だが、2014年4月16日にセウォル号惨事が発生すると同月28日に運行を中断した。市は「昨年運行権を確保した有功者会側の要請で審査を行った結果、既存10台の水上コールタクシーのうち老朽化が進んでいる4台を修理するか新しいものと交換すれば運行の再開が可能だと判断した」と話した。

運行区間には纛島遊園地駅・63ビル前・国会議事堂前など17カ所の乗り場がある。水上コールタクシー利用客は乗り場に下りてタクシーを呼び出した後、希望の目的地に移動すればよい。運賃は片道5000ウォンだったが、その間の物価上昇率を勘案して上方修正されるものと市側はみている。

水上タクシーを停泊させておく渡船場も「イェビッソム」(盤浦セビッソムを構成している4つの島の一つ)下流150メートル地点にことし下半期に設置される。

運行当時低調だった収益性を引き上げるのが課題だ。2014年1~3月基準で水上タクシーを利用した人は一日5~60人水準にとどまった。ソウル市は「有功者会にも収益性を最大化できる方案をあわせて用意してほしいと注文した」とし「乗り場ごとにテーマを決めて広報するなど、一般市民よりは観光客を誘引できる方案について積極的に考えていく」と話した。2年間営業を中断していた漢江・銅雀(トンジャク)大橋の展望カフェ「クルムカフェ」も来月5日に再オープンする。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2016年03月30日 09:48
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者2日連続400人超
ワクチン初日に1万8489人が接種
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
「KCON:TACT3」出演者決定
1月の映画観客数と売上高 過去最低
新型コロナワクチン韓国で接種始まる
コロナ防疫レベル2週間据え置き
2032年南北五輪へ「努力続ける」
ネトフリ韓国コンテンツに巨額投資
週間アクセスランキング
気分だけでも日本旅行 チェジュ航空
21.02.22
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
INFINITEのエル海兵隊に入隊
21.02.22
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]