韓国旅行「コネスト」 韓国内研究陣、超巨大ブラックホール物質放出速度の測定成功。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

韓国内研究陣、超巨大ブラックホール物質放出速度の測定成功

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
韓国内の研究陣が超巨大ブラックホールから放出される物質の速度を計算することに成功した。

韓国天文研究院のソン・ボンウォン博士チームは巨大銀河M87の中心にある超巨大ブラックホールが吹き出すジェット現象を観測したと23日明らかにした。今回観測された超巨大ブラックホールのジェット現象は、従来の観測とは違いブラックホールの中心から5光年地点で光速の80%の速度に加速されるという事実を発見した。M87銀河は地球から5440万光年離れており、中心には太陽質量の60億倍程度の超大型ブラックホールが存在する。

一般的にブラックホールは重力が非常に強くて、光さえ抜け出せない天体として知られている。だがブラックホールが非常に速いスピードで物質を吸収するため吸収過程で一部の物質が外部に放出されるが、これを「ジェット放出」と呼ぶ。このようなプラズマジェット放出はかなり以前から天文学界で知られていたが、どんな原理でジェット放出が発生するのかについてはいまだに解けない課題として残っている。

従来の観測によればブラックホールの中心から5光年地点のジェット放出は光速の10~30%水準だった。これに照らし合わせてみれば従来よりもはるかに速いスピードでブラックホールが物質を排出することになる。今回の観測は日本と共同で行われ、ブラックホールジェットがどんな原理で噴出するのか明らかにする重要な端緒になるものとみられる。ソン・ボンウォン博士は「今回の観測結果が天文学の長年の宿題を解くことができる端緒になるだろう」と話し「今後コンピューターシミュレーションと詳しく比較してブラックホール噴出の形成過程の究明に挑戦する計画」と明らかにした。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2016年03月24日 08:40
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者数356人
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
韓国11月までにコロナ集団免疫目標
ワクチン初日に1万8489人が接種
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
「KCON:TACT3」出演者決定
1月の映画観客数と売上高 過去最低
コロナ防疫レベル2週間据え置き
ネトフリ韓国コンテンツに巨額投資
週間アクセスランキング
気分だけでも日本旅行 チェジュ航空
21.02.22
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
INFINITEのエル海兵隊に入隊
21.02.22
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]