韓国旅行「コネスト」 肩こり用貼り薬から洗眼薬まで日本製普及=韓国。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

肩こり用貼り薬から洗眼薬まで日本製普及=韓国

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
韓国で゙日本の一般用医薬品の普及が進んでいる。

韓国の東和薬品は2012年、ゼリア新薬工業(東京都中央区)から輸入した貼り薬「おきゅ膏Z」を「ミニオンプラスター」として発売した。毎年売上高を伸ばしており、昨年は前年比1.5倍増の26億ウォン(約2億5000万円)を記録した。この製品は肩こりや腰痛の緩和に役立つとして、日本に出掛ける韓国人旅行客の間で人気を集めていた。

韓国メーカーによる同じような製品も登場。柳韓洋行と鍾根堂がそれぞれ昨年、韓国で生産販売を始めた。

興和(愛知県名古屋市)の胃腸薬「キャベジン」の売れ行きも好調だ。2013年設立の韓国法人が翌年に輸入販売を開始し、昨年は40億ウォンの売上高を計上した。

これまで韓国にはなかった洗眼薬もお目見えした。東亜製薬がこのほど、小林製薬(大阪市中央区)の洗眼薬「アイボン」の輸入販売を開始した。同社関係者は日本旅行で必ず買うべき製品として口コミで評判が広がったとしながら、期待を寄せる。若者をターゲットに売り込む計画だ。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2016年03月20日 15:10
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
国際線燃油サーチャージ 来月引上
寧越郡と北海道東川町文化交流推進へ
「ベビーシャーク」アニメ世界で放送
IUが総額5億ウォンを寄付
人気歌手応援ソング22年ぶり刷新
ロッテ免税店ネット会員が70万人増
新規コロナ感染者619人
ワクチン1回目の接種者7.3%
マスク着用指針の緩和「予断は禁物」
女児虐待死事件 養母に無期懲役判決
BTS、米人気雑誌の表紙飾る
週間アクセスランキング
パク・ソジュン主演ドラマが漫画化
21.05.13
済州航空・機内食カフェがオープン
21.05.11
7月から新しい防疫基準を適用
21.05.12
BoAの兄が腹膜がんを告白
21.05.11
女児虐待死事件 養母に無期懲役判決
21.05.14
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]