韓国旅行「コネスト」 韓国全土にこの春初めての黄砂襲来の予報。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

韓国全土にこの春初めての黄砂襲来の予報

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
春の始まりを告げる雨とともに「招かれざる客」である黄砂が6日に韓国全土の空を覆う見通しだ。今年に入り初めての黄砂だ。韓国気象庁は5日「4日から始まった春の雨がやんだ後、6日明け方から全国に濃厚な黄砂が現れる所がある。7日以降も一部地域では薄い黄砂が続くと予想される」と明らかにした。

これに伴い、西海岸を中心に一部地域では6日に1時間平均で粒子状物質濃度が普段の10倍以上となる立方メートル当たり400マイクログラム(1マイクログラム=100万分の1グラム)を超えると予想される。気象庁のハン・サンウン危険気象対応チーム長は「モンゴルと中国北部発源地付近の地表面が乾燥し、強い風が吹いて3日から黄砂が発源した」と話した。

気象庁は黄砂が発生した場合には子どもや高齢者は外出を避け、外出時には黄砂専用マスクを着用しなければならないと呼びかけた。気象庁は今春の黄砂発生日数は平年水準の5.4日ほどになると予報した。

一方、月曜日の7日からは当分全国が概ね晴れ平年の気温を上回る暖かい季候が続くものと気象庁は予想した。ただ9日には気圧の谷の影響で江原道嶺東(カンウォンド・ヨンドン)と忠清道(チュンチョンド)南部地方に雨や雪が降る。また木曜日の10日から2~3日にわたり花冷えとなる見通しだ。11日朝のソウルの最低気温は平年より4~5度低い氷点下3度まで下がり、14日には平年の気温を回復すると予想される。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2016年03月06日 10:30
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
サムスントップの赦免請願広がる
電子渡航認証制度のサイトがオープン
政府コロナ対応の世論評価が逆転
漫画「鬼滅の刃」最終巻総合1位
韓国の新規コロナ感染者797人
ジミンの衣装 オークション取りやめ
ソウル市長就任式、コロナで来賓3人
「アースデー」青瓦台は菜食メニュー
昌徳宮で楽しむ夜間観覧 29日から
川端康成の小説集 韓国で翻訳出版
週間アクセスランキング
電子渡航認証制度のサイトがオープン
21.04.23
仁川空港が外国人の無入国観光を検討
21.04.22
俳優パク・チュンフン飲酒運転で送検
21.04.19
5月から世界のマックでBTSコラボ
21.04.20
「ヴィンチェンツォ」撮影ロケ地
21.04.21
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]