韓国旅行「コネスト」 韓国そりにホームトラック時代…国内で練習可能に。韓国のスポーツニュース
KONEST

韓国そりにホームトラック時代…国内で練習可能に

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
2018年平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)そり種目(ボブスレー・スケルトン・リュージュ)競技が行われるアルペンシアスライディングセンターが姿を現した。

平昌冬季オリンピック組織委員会は29日、競技トラックが完成したアルペンシアスライディングセンターを公開した。全体工程率の67%を記録中のアルペンシアスライディングセンターでは、8日まで国際ボブスレースケルトン競技連盟(IBSF)と国際リュージュ連盟(FIL)が主管する事前承認のためのテスト競技が行われる。観客席など付帯施設は10月に完工する。

アルペンシアスライディングセンターは世界で20番目、アジアでは日本の長野に続いて2番目のそり専用競技場だ。江原道平昌郡大関嶺面龍山里で2013年10月に着工され、建設費用だけで1241億ウォン(約113億円)投入された。全長は平昌冬季五輪が開催される年を記念して2018メートルだが、競技が行われるトラックの長さは1857メートル。これは2014年ソチ冬季五輪のトラックの1814メートル、2010年バンクーバー冬季五輪のトラックの1700メートルより長い。カーブ(曲線区間)は16カ所で、ソチ(17カ所)より1カ所少ない。

五輪そり全種目に参加したカン・グァンベ韓国体育大教授は「アルペンシアスライディングセンターの難易度は中上レベル」とし「平均速度は135キロほど出ると予想される。カーブの難易度が多様であり、選手には非常に興味深いトラックになるだろう」と分析した。

テスト競技では選手が実際に滑走し、トラックの安定性や完成度を点検する。バンクーバー冬季五輪でジョージアのリュージュ選手ノダル・クマリタシビリが公式練習中にコース外に放り出されて死亡する事故が発生し、こうした事前承認手続きが追加された。今回のテスト競技には海外74人、国内31人のそり種目選手が参加する。

今季ボブスレー男子2人乗り世界ランキング1位(ウォン・ユンジョン-ソ・ヨンウ)、男子スケルトン世界2位(ユン・ソンビン)を輩出した韓国にとって、アルペンシアスライディングセンター建設の便りはうれしい限りだ。ボブスレー・スケルトン代表チームのイ・ヨン総監督は「ホームトラックの利点を生かし、他国より10倍以上多い実戦練習をすることになるだろう」と述べた。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2016年03月01日 10:58
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国ビール「TERRA」の輸出開始
韓国の新規コロナ感染者635人
ブラックピンク 来月ライブCD発売
ワクチン休暇広がる?大企業が検討中
大手事務所サイダスHQ代表が辞任へ
韓国の新規コロナ感染者511人
済州航空・機内食カフェがオープン
BoAの兄が腹膜がんを告白
海外で韓国のチョコパイが人気
電動キックボード 原付き免許必要に
週間アクセスランキング
女優ホン・スヒョン 一般男性と結婚
21.05.06
チャ・ウヌ 来月オンラインファンミ
21.05.06
海外で韓国のチョコパイが人気
21.05.11
済州航空日本線の取消変更1回無料に
21.05.07
ユン・ヨジョン 8日に凱旋
21.05.07
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]