韓国旅行「コネスト」 映画『帰郷』100万人、『ドンジュ』60万人…小さな映画の突風。韓国の芸能ニュース
KONEST

映画『帰郷』100万人、『ドンジュ』60万人…小さな映画の突風

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
日本軍の慰安婦被害者問題を扱った小さな映画『帰郷(Spirit's Homecoming)』が異例の興行を見せている。当初は商業性が落ちるという理由で劇場を確保できず難航していたが、封切り5日で100万人の観客を集め、損益分岐点を軽く超えた。

この映画の配給会社は「28日午後5時基準で累積観客が100万人を突破した」と明らかにした。『帰郷』は公開初日から着実にボックスオフィス1位を守って目を引いた。

『帰郷』は慰安婦被害者の姜日出(カン・イルチュル)さん(88)の絵『焼かれる少女たち』をモチーフにした劇映画だ。2002年ナヌムの家の美術治療時間にこの絵を見たチョ・ジョンレ監督が企画し、完成までに14年かかった。観客7万5000人余りがクラウドファンディングで製作費の半分(12億ウォン)を集め、新人俳優や一部スタッフも才能寄付で参加した。

チョ監督は「慰安婦の映画だなんてつぶれてしまうんじゃないかという話を多く聞いた」としながら「中国人女性に主人公を変えれば投資するという中国人投資家もいた」と話した。

もう1本の小さな映画『ドンジュ』も、やはり損益分岐点を突破して善戦している。詩人の尹東柱(ユン・ドンジュ)の人生を描いた製作費5億ウォンの超低予算映画だ。

27日までに累積観客が53万人余りで、28日までには60万人を超えるものとみられる。

公開当時は384スクリーンから始まったが観客の反応により27日のスクリーン数は540に増えた。カン・ハヌル、パク・ジョンミンの安定した演技とともに、重厚な響きを与えるという評価を受けている。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2016年02月29日 10:02
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
ジミンの衣装 オークション取りやめ
ソウル市長就任式、コロナで来賓3人
仁川空港が外国人の無入国観光を検討
「アースデー」青瓦台は菜食メニュー
昌徳宮で楽しむ夜間観覧 29日から
韓国の新規コロナ感染者735人
川端康成の小説集 韓国で翻訳出版
韓国コロナ余波で昨年10大経済国に
イ・ボヨン主演ドラマ5月にスタート
「ヴィンチェンツォ」撮影ロケ地
週間アクセスランキング
パクソジュンら主演映画クランクイン
21.04.16
俳優パク・チュンフン飲酒運転で送検
21.04.19
韓国政府が「特別旅行注意報」再延長
21.04.16
5月から世界のマックでBTSコラボ
21.04.20
JYPがオーガニック化粧品に出資 
21.04.16
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]