韓国旅行「コネスト」 <済州をグローバルブランド島に>(下)新3無島つくろう…犯罪・事故・公害のない「三無島」。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

<済州をグローバルブランド島に>(下)新3無島つくろう…犯罪・事故・公害のない「三無島」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
石・風・女が多い「三多島」と呼んできた済州島(チェジュド)が、世界の人々の投資先に浮上しながら「新三多」問題で頭を痛めている。済州を訪れる内外国人が急増しながら犯罪・事故・公害が魅力都市済州を脅かしている。

先月12日、済州で仰天するような事件が発生した。チャーター機に乗って来たベトナムからの観光客59人が一度に消えてしまったのだ。出入国管理事務所はこのうち33人を探して強制出国させたが残りの26人はいまだに行方が分からない。

済州から消えた外国人は、30日間ビザ(査証)を免除するノービザ制度を悪用して国内に入ってきた。ノービザ制度は済州道が2002年5月に外国人誘致のために国内で初めて導入したが「不法滞在者を量産する通路になった」という指摘を受けている。滞在期間30日を超えた外国人は2011年282人から2015年は4353人と4年間で15倍以上に急増した。

ソウルから移住してきたパク・ヒョンアさん(51、女性、西帰浦市)は「外国人数十人が一度に潜伏したというニュースを見てびっくりした」として「ハワイのように済州を犯罪のない安全なブランド保養地にしたい」と話した。

コ・テミン済州道議会議員は「昨年だけでノービザで済州を訪れた外国人が62万9724人だったが、入国審査の過程で違法就労の疑いがある者を排除する対策が必要だ」と話した。

専門家たちは済州島の価値を最大化するには犯罪と事故、環境破壊が消えなければなければならないと主張する。

元喜龍(ウォン・ヒリョン)済州道知事は「もともと済州島は泥棒・乞食・門がなくて三無島とも呼ばれた」として「世界的なブランド島造成のために犯罪や事故・公害の3つがない『新三無島』にする」と話した。

毎年急増する犯罪問題は、済州道が至急解決すべき課題だ。警察庁の「2014犯罪統計」によれば済州道の人口10万人あたりの犯罪発生件数は5378.7件だった。「静かな保養地」という認識とは違い、全国の市・道の中で犯罪発生率が最も高かった。

最高裁が発刊した「2015司法年鑑」でも済州道の人口1000人あたりの性犯罪発生件数は全国最高の0.35人に達する。毎年増える移住民と年間1300万人を超える観光客によって治安需要が急激に増えたのだ。

済州の場合、ほかの地方警察庁とは違って人材不足を理由に広域捜査隊さえ設置されておらず治安空白に対する憂慮も大きい。自治警察団が2006年7月にスタートしたが日増しに凶暴化する犯罪に対応するには力不足という指摘だ。

済州地検によれば検察が担当した済州地域の事件は2012年2万3409件から2013年は2万7198件、2014年2万8967件、2015年3万3578件で3年間で43%も急増した。

安全事故も日ごとに増える傾向だ。済州では最近3~4年間で乗用車とレンタカーが急増したために交通事故件数が爆発的に増加している。

昨年、済州では4526件の交通事故が発生して2014年(4355件)より3.9%増加した。交通事故による負傷者の数も2014年6464人から昨年は6872人に6.3%増えた。

同期間に済州では水難事故で168人が119隊員に救助され、213人はエレベーター事故に遭うほど事故が続出した。

環境破壊や乱開発問題も必ず解決しなければならない課題だ。済州に投機風が吹きながら地価が暴騰した。忘れて過ごしていた先祖の土地を探しに来る人が急増するほど不動産価値が高まった。

済州道によれば昨年3146人が3584筆地(292万4631平方メートル)の先祖の土地を確認した。2014年903人が153万8928平方メートルの先祖の土地を探したことと比較すると3倍以上の増加だ。

投機屋による乱開発を防ぐために済州道は、強力な不動産投機対策を推進している。昨年12月に不動産投機対策本部を設置して不動産投機勢力に対する大々的な捜索に出た。

昨年12月28日に赴任したイ・ジェヨル済州地方警察庁長官も就任の挨拶で「不動産投機勢力を取り締まる」と明らかにした。

済州道は検察や警察・税務署・自治警察などと共につくった「不動産投棄違反対策協議体」を通じて企画不動産と違法不動産仲介、違法開発行為などを取り締まり中だ。

環境汚染を減らすための努力も進行中だ。済州道は太陽光・風力などの再生可能エネルギーだけを使う清浄島に変貌させるためのプロジェクトを推進している。内外国人の間で魅力的な投資先に浮上した済州島を無公害産業に基づくブランド島に変えていくためだ。

ムン・ウォンイル済州道経済産業局長は「風が多く灼熱の太陽が照らす済州は、風力と太陽光の源泉」としながら「2030年までに済州が使う電力100%を再生可能エネルギーに変える事業を展開している」と話した。

無公害島の構築のために済州道は昨年末現在で2366台を保有中の電気自動車を2030年まで37万7000台に拡大することにした。済州を親環境ブランド島にするための「カーボンフリーアイランド(無炭素島)」計画の一環だ。

中長期的には済州島全体を電気自動車だけが走る島にすることが目標だ。電気自動車の普及の核心である充電所を現在の32カ所から1万5000カ所に増やす案も推進中だ。

再生可能エネルギーに対する投資熱も熱い。済州道は現在216メガワットの風力発電所を2.35ギガワット水準まで増やす方針だ。太陽光は34メガワットまで拡大していく。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2016年02月24日 15:11
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
コロナ感染者2日連続300人台
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
韓国11月までにコロナ集団免疫目標
ワクチン初日に1万8489人が接種
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
「KCON:TACT3」出演者決定
コロナ防疫レベル2週間据え置き
週間アクセスランキング
気分だけでも日本旅行 チェジュ航空
21.02.22
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
INFINITEのエル海兵隊に入隊
21.02.22
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]